*

原発性甲状腺機能低下症の原因・症状・検査・治療について

公開日: : 自己免疫疾患

原発性甲状腺機能低下症の原因

甲状腺機能低下症は甲状腺ホルモンの分泌がされにくくなって活動性が低下するという疾患です。
この病気は女性のほうが発症しやすく、40代以降の女性では軽度のものを入れると全体のおよそ5%を占めると言われています。
一般に高齢者が発症しやすい疾患として知られていますが、どの年代でも起こりうるものでもあります。
小児が発症する先天性のものはクレチン病、成人が発症し症状が明確なものは粘液水腫とも呼称されます。
甲状腺機能低下症が発症する原因はいくつかあり、原発性甲状腺機能低下症は甲状腺そのものが損傷を受けて起こるものを指します
ほかの甲状腺機能低下症としては、甲状腺を調整する働きをもつ甲状腺刺激ホルモンの分泌が低下することで発症する続発性機能低下症、そしてかなりまれな甲状腺ホルモン不応症などがあります。
原発性甲状腺機能低下症の原因としては、甲状腺ホルモン合成障害やアイソトープ治療後、甲状腺の術後などが挙げられます。
そのなかでもっとも多いのが橋本病です。
橋本病は甲状腺の慢性炎症を引き起こす疾患で、甲状腺が破壊されることで甲状腺の機能低下が見られることがあります。
ただし、橋本病を発症したからといって、必ずしも原発性甲状腺機能低下症が引き起こされるとは限りません。
甲状腺は予備能力にすぐれた臓器なので、正常な細胞が一定量のこっていればホルモン分泌が低下することはないのです。
そのため、橋本病を発症してもほとんどは甲状腺腫が存在するだけで、原発性甲状腺機能低下症が発症することはそれほど多くありません。

原発性甲状腺機能低下症の症状

甲状腺ホルモンは、体の代謝を維持するのに欠かすことができない存在です。
甲状腺ホルモンが低下すると活動にも大きな影響が及ぼされ、一日中倦怠感を感じるようになります。
症状はとらえどころがなく、少しずつ悪化するため、自覚が遅れる場合があります。
計算力や記憶力の低下が症状としてあらわれることもあります。
会話のペースもゆったりとして、表情がとぼしくなるため、高齢者の場合はうつ状態と勘違いされやすいと言われています。
声が低くなってしわがれるといった症状も見られるようになります。
これは、声帯にむくみが生じることで、起こる症状だと言われています。
肥満傾向が増し、便秘や無月経などになることもあります。
また、低体温となって皮膚がかさかさするようになり、暑い時期でも汗が出にくくなります。
体毛が抜けやすくなり、顔がむくみ、ウイッグが必要になる場合もあります。
眉毛の外側部分が抜けてしまうケースも多く、アキレス腱をハンマーなどで刺激して反射を確認すると、戻るのに時間がかかるようになります。
むくみが生じるのは、ムコ多糖類と呼ばれる物質が皮下に蓄積するためで、それゆえに浮腫が生じることもあります。
ほとんどのケースでは甲状腺は腫れていますが、委縮性甲状腺炎という甲状腺の腫れずに甲状腺機能低下症となる場合もあります。
症状が悪化すると、心不全や低体温、貧血などが引き起こされることもあります。
昏睡や意識喪失、錯乱なども起こりやすくなり、呼吸が遅くなることで脳への血行が悪化する命に関わるような合併症が起こることもあるので注意が必要です。
悪化すると深刻な事態になりやすい甲状腺機能低下症ですが、特異性のある症状がほどんとなく診断が遅れることもしばしばあります。
確かな診断がくだされるまで、長期間見逃されることもあるので気をつけなければいけません。

原発性甲状腺機能低下症の検査

診断に関しては、甲状腺機能低下症の疑いが生まれていればそれほど困難ではありません。
採血して甲状腺ホルモンと甲状腺刺激ホルモンの数値を調べます。
原因を特定することを目的に、抗甲状腺抗体の測定が行われることもあります。
健康診断などで実施される一般的な検査ではコレステロールやクレアチンキナーゼが高値となるため、これが契機となって甲状腺機能低下症が判明するケースも少なくありません。
甲状腺機能低下症は高齢者が発症しやすい疾患で、症状が軽度な場合はほかの病気との鑑別が困難とされています。
そのため、55歳以上の人は定期的に検査をして、甲状腺機能低下症を早期発見することが推奨されています。

原発性甲状腺機能低下症の治療

甲状腺機能低下症の治療は非常にシンプルで、原因がなんであれ甲状腺ホルモンの投与が選択されます。
甲状腺ホルモンとしては従来は乾燥甲状腺末が用いられることもありましたが、最近はサイロキシン(チラージンS)という錠剤を用いることがほとんどです。
乾燥甲状腺末は錠剤によってホルモンの含有量が異なるため、より確実な効果をえるにはサイロキシンのほうが望ましいのです。
薬の服用は、最低限の量からはじめるのが鉄則です。
多量服用が必要な場合であっても、一度に多くの成分を取り入れると体に異変が生じる場合があるからというのがその理由です。
必要量に達するまでに数ヶ月程度要する場合もありますが、甲状腺機能低下症の多くは緊急性を要するものではないため、体への負担を避けるために少量から開始することが優先されます。
甲状腺ホルモン薬はほかに服用している薬や食事の影響を最小限にするために、就寝前に服用するのが一般的です。
甲状腺ホルモンと甲状腺刺激ホルモンは定期的に調べて、正常範囲に入っているかを確認する必要があります。
正常範囲に入った場合でも、薬の服用を継続したほうがいい場合もあります。
甲状腺ホルモン薬は副作用のリスクが低いため、長期間服用はさほど心配ないとされています。
しかし、特に高齢者は副作用が怒りやすいので、医師の指示のもと服用をつづけることが大切です。
薬服用中になんらかの合併症が起こる可能性があるので、体調に異変を感じたらすみやかに医師に相談するようにしましょう。
また、甲状腺機能低下症のなかには一過性のものもあり、それは自然に回復することが多いので治療を行う必要はないと言われています。

スポンサーリンク

関連記事

ギラン・バレー症候群の原因・症状・検査・治療について

ギラン・バレー症候群の原因 ギラン・バレー症候群は筋肉の動作に欠かせない運動神経に障害が起こり

記事を読む

自己免疫性溶血性貧血の原因・症状・検査・治療について

自己免疫性溶血性貧血は、免疫が赤血球をまるで異物のように攻撃することによって起こる貧血です。

記事を読む

線状IgA水疱性皮膚症の原因・症状・検査・治療について

線状IgA水疱性皮膚症の原因 線状IgA水疱性皮膚症は、体中にかゆみを伴う紅斑ができ、そのまわ

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐん)とは、自己免疫疾患の一種であり、肺や

記事を読む

原田病の原因・症状・検査・治療について

原田病の原因 原田病は、ベーチェット病、サルコイドーシスとともに、日本国内では比較的発症しやす

記事を読む

限局性強皮症の原因・症状・検査・治療について

強皮症は、全身性強皮症と限局性強皮症に分けられますが、両者はまったく別の病気です。 限局性強皮

記事を読む

大動脈炎症候群の原因・症状・検査・治療について

大動脈炎症症候群は、現在は高安動脈炎(たかやすどうみゃくえん)と呼ばれています。 大動脈を中心

記事を読む

自己免疫性肝炎の原因・症状・治療・予防とは

自己免疫性肝炎(じこめんえきせいかんえん)とは、多くの場合は慢性的な経過をたどる肝炎で、指定

記事を読む

特発性血小板減少性紫斑病の原因・症状・検査・治療について

特発性血小板減少性紫斑病の原因 特発性血小板減少性紫斑病は、厚生労働省による特定疾患に指定され

記事を読む

慢性円板状エリテマトーデスの原因・症状・検査・治療について

慢性円板状エリテマトーデスの原因 慢性円板状エリテマトーデスは皮膚疾患のひとつで、鱗に似た赤い

記事を読む

水疱性類天疱瘡を詳細に:原因,症状,検査,治療など

水疱性類天疱瘡とは 水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいて

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

→もっと見る

PAGE TOP ↑