*

限局性強皮症の原因・症状・検査・治療について

公開日: : 自己免疫疾患


強皮症は、全身性強皮症と限局性強皮症に分けられますが、両者はまったく別の病気です。
限局性強皮症は、皮膚の一部が硬くなり、光沢を帯びる症状がでます。
限局性強皮症は皮膚とその下の組織(ひどい場合は骨まで)にのみあらわれて、内臓には影響がありません。

生命に関わることはありませんが、見た目の問題で悩む人も多いです。
病変は斑点状になったり、ぴんと張った線のような状態で出現します。
頭や首には、まるで刀で切られた傷跡のような病変が現れます。

子供や若年者に多く発症しますが、稀な病気で10万人あたり3人以下です。
男女比は1:9で女性に多く発症します。
皮膚の炎症が起こるため、皮膚が硬くなると考えられています。

子供の皮膚に病変があらわれると動かしにくくなり、成長に障害がでることがあり、早期発見・早期治療が必要です。
ちなみに、全身性強皮症は皮膚だけではなく、内臓も硬くなってしまい、肺障害や腎臓の障害を起こすこともある膠原病の一種です。

全身性強皮症には、重篤な全身症状が起こりやすい「びまん性皮膚硬化型全身性強皮症」と、やや軽症にとどまりやすい「限局皮膚硬化型全身性強皮症」があります。
「限局皮膚硬化型全身性強皮症」と「限局性強皮症」は先ほど述べたように全く異なる病気です。

もし「強皮症」と診断された場合は、どちらの病気かを確認してください。

限局性強皮症の原因

限局性強皮症は、炎症疾患ですが、何によって炎症が引き起こされるのかはまだわかっていません。
おそらく自己免疫機能が、誤って自分自身を攻撃することが原因ではないか、と考えられています。

欧米では、斑状強皮症はダニによる感染によるボレリア感染症が原因である場合があります。
遺伝性は報告されておらず、病気自体は感染症ではありませんので、伝染もしません。

限局性強皮症では、重篤な内臓の障害は起こりません。
また、全身性限局性強皮症の場合に現れるレイノー現象(手が冷えると白くなって血行が悪くなり、温めると元に戻る現象)は引き起こされません。

限局性強皮症の症状

炎症が起こって、皮膚の一部が硬くなります。
斑状強皮症では、円形や楕円形の病変が、線状強皮症では線の形の病変が起こります。
病気の初期には、赤や紫がかった斑点がみられますが、これは皮膚の炎症によるものです。

炎症が起こっている部分はじくじくしたり、皮膚が窪んだりする場合もあります。
頭皮や顔面に病変がある場合は、刀で切られた傷跡のような線状の症状がでます。

手脚に生じる場合、関節にまたがって病変が起こると可動域が制限されてしまうので、子供の場合は成長障害を伴います。
顔面に症状がでると、てんかんなどの神経の異常を伴ったり、瞼が閉じにくいなどの症状がでることが問題です。

経過としては、普通は自然と軽快することが多いですが、数年経って再発することもあります。

限局性強皮症の検査

典型的な限局性強皮症では、皮膚の状態(膠原繊維の増加、変性、均質化)から診断されます。
血液検査や骨のX線、CT、MRIのほか、頭部に病変がある場合は脳波や眼科的な検査も必要になります。

自己免疫疾患のうち、他の病気を併発することもあり、慢性の甲状腺炎、白斑や脱毛症などの皮膚の自己免疫疾患のほか、全身性エリテマトーデスや全身性強皮症の合併も念頭に置いて検査が進められます。

限局性強皮症の治療

基本的な治療は外用薬を塗る方法です。
副腎皮質ステロイド剤の使用が中心になります。
ただし、いったん硬くなってしまった部分にはあまり効きません。
紫外線による治療も一般的です。

顔や頭部の病変は、炎症が落ち着いたあと外科手術で病変部を切除する場合もあります。
内服療法では、炎症が激しく拡大しつつあったり、機能の障害の可能性がある場合、もしくは病変が深く骨まで達する場合などに行われます。

このような症例では、四肢の長さや太さの差が生じることや、関節の可動域が制限されることもあり、早期にステロイド剤の内服をはじめる必要があります。
ステロイド剤の内服で効果が見られない場合、免疫抑制剤を使用することもあります。
四肢に病変がある場合は、関節のストレッチやマッサージなども有効です。

マッサージのときに保湿クリームを用いることで、皮膚の硬化を遅らせることができます。
病変が起こっている部分は日焼けしないため、ほかの部分にも日焼け止めを塗ることで日焼けを防ぎ、目立ちにくくすることも有効です。
顔に病変がある場合は、お化粧をしてカバーしてもかまいません。

スポンサーリンク

関連記事

特発性血小板減少性紫斑病の原因・症状・検査・治療について

特発性血小板減少性紫斑病の原因 特発性血小板減少性紫斑病は、厚生労働省による特定疾患に指定され

記事を読む

巨赤芽球性貧血の原因・症状・検査・治療について

ビタミンB12あるいは葉酸の欠乏によって、血液の成分が正常につくられなくなり、巨大な赤血球ができ

記事を読む

天疱瘡の原因・症状・検査・治療について

天疱瘡の原因 天疱瘡は皮膚にさまざまな大きさの水疱ができる病気で、多くの場合前兆症状がありませ

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐん)とは、自己免疫疾患の一種であり、肺や

記事を読む

線状IgA水疱性皮膚症の原因・症状・検査・治療について

線状IgA水疱性皮膚症の原因 線状IgA水疱性皮膚症は、体中にかゆみを伴う紅斑ができ、そのまわ

記事を読む

橋本病の原因・症状・検査・治療について

橋本病の原因 甲状腺が慢性的な炎症状態になる疾患のことを、橋本病と言います。 1912年に九

記事を読む

サットン後天性遠心性白斑・サットン母斑の原因・症状・検査・治療について

サットン後天性遠心性白斑・サットン母斑の原因 母斑細胞母斑、すなわちほくろを中心に丸くて白い白

記事を読む

常性白斑の原因・症状・検査・治療について

尋常性白斑の原因 病名に含まれる「尋常性」というのは「ありふれた」といった意味で、その名が示す

記事を読む

妊娠性疱疹の原因・症状・検査・治療について

妊娠性疱疹の原因 妊娠性疱疹は、かゆみを水ぶくれや赤い斑点などが生じる病気です。 その名が示

記事を読む

自己免疫性好中球減少症の原因・症状・検査・治療について

自己免疫性好中球減少症の原因 血液に含まれる好中球が激減することを好中球減少症と言います。

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑