*

花粉症の抗ヒスタミン薬の投与について

公開日: : 最終更新日:2014/10/03 花粉症 , , ,

花粉症の抗ヒスタミン薬の投与について
今のところ、花粉症を根治させるような決定的な薬というのは存在していませんが、花粉症の症状を抑える効果がある薬はいくつかあります。

その中でも代表的なものの一つが『抗ヒスタミン薬』です。

これは、花粉症でよく見られる「くしゃみ」や「鼻水」、「鼻づまり」、「目のかゆみ」などのアレルギー症状を緩和させることが出来る薬として、よく用いられているものです。

ヒスタミンというのは、花粉などのアレルゲンに反応して作られるアレルギー症状の原因物質のことで、抗ヒスタミン薬はそのヒスタミンの作用を抑えてくれます。

具体的な働きは、脳がくしゃみや鼻水を出そうとする命令を止めるというものですが、あまりにも重度の花粉症には効果がないようです。

抗ヒスタミン薬は、その効果の度合いによって、薬局などで市販されているものと医師の処方箋が必要なものとに分けられますが、いずれの場合も中枢神経に作用するので、「眠気」や「だるさ」、「めまい」、「下痢」それに「便秘」といった副作用が出ることもあります。

そのため、車の運転前には飲まないなど、服用のタイミングには注意が必要となります。

それに、抗ヒスタミン薬はアルコールと一緒に服用することで、効き目が強くなりすぎることもありますので、お酒と一緒に服用することは避けてください。

前述のとおり、抗ヒスタミン薬には市販されているものがありますが、アレルギー治療薬やかぜ薬だけでなく、乗り物酔いの薬や睡眠補助薬にも用いられていますので、購入する場合には薬剤師に相談しておくほうが確実でしょう。

スポンサーリンク

関連記事

花粉症のステロイド注射について

花粉症のステロイド注射について

「注射を一本打てば、花粉症の1シーズンを快適に過ごせる」ということで、一時期もてはやされていたの

記事を読む

花粉症が急激に増えた原因について

花粉症が急激に増えた原因について

花粉症の原因自体が、まだまだ解明されていませんから、花粉症が急激に増えた原因も特定されてはいない

記事を読む

花粉症のメカニズム

花粉症のメカニズム

花粉症が、様々な植物に花粉に反応して起こるアレルギー反応であることは多くの方がご存知だと思います

記事を読む

花粉症の減感作療法について

花粉症の減感作療法について

『減感作療法』というのは、『アレルゲン免疫療法』とも呼ばれているもので、アレルゲンとなる花粉をほ

記事を読む

花粉症に有効な乳酸菌について

花粉症に有効な乳酸菌について

『乳酸菌』といえば、腸内細菌の中でも善玉菌の代表選手として広く知られているものですが、これが花粉

記事を読む

花粉症のレーザー治療について

花粉症のレーザー治療について

花粉症に対する外科的療法の一つとして、『レーザー治療』も行われています。一般的には、花粉症の治療

記事を読む

花粉症の外出時の注意や対策について

花粉症の外出時の注意や対策について

花粉症の原因となる花粉は、当然ながら外にたくさん飛散していますから、外出時にそれなりの注意や対策

記事を読む

花粉症に有効な食べ物について

花粉症に有効な食べ物について

花粉症の治療ということでは、薬の投与や手術などが思い浮かぶと思いますが、体質を改善するという見地

記事を読む

風邪と花粉症の見分け方について

風邪と花粉症の見分け方について

風邪と花粉症は、鼻水や鼻づまりなど似たような症状が出てくるものです。毎年、花粉症を経験している人

記事を読む

花粉症に有害な生活習慣について

花粉症に有害な生活習慣について

花粉症の治療や対策などをいくら行なっていても、その一方で有害な生活習慣を続けていたのでは、なかな

記事を読む

水疱性類天疱瘡を詳細に:原因,症状,検査,治療など

水疱性類天疱瘡とは 水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいて

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

→もっと見る

PAGE TOP ↑