*

花粉症が急激に増えた原因について

公開日: : 最終更新日:2014/10/08 花粉症 , , ,

花粉症が急激に増えた原因について
花粉症の原因自体が、まだまだ解明されていませんから、花粉症が急激に増えた原因も特定されてはいないのですが、一説によると、日本でのスギの植林事情が影響しているとも言われています。

というのも、第二次大戦後、日本では復興のために拡大造林と呼ばれる林業政策で、各地の山にスギの植林が行われていたのです。

国が奨励していたため、日本では爆発的にスギの数が増えたのですが、その植林したがスギが成長し、花粉を飛散しはじめたのが昭和50年代となり、これがちょうど花粉症の患者数が激増したのと一致しているようです。

ところが、問題なのはそれからのことで、元々林業を盛んにするために植林されたスギですから、材木として伐採されているのであれば本数も減っていくのですが、最近では安い輸入木材が台頭してきていて、日本国内のスギはほとんど使われなくなっているのです。

その結果、林業に携わる人が減り、それとは反対に間伐などの手入れがされないまま伸び放題で放置されているスギが増えてきました。

そのために、スギ花粉の飛散量が圧倒的に増えているということなのです。

このような状況を見ると、この数十年の間に花粉症の患者数が増えてきたこともうなづけますね。

ただ、花粉症を発症しているのは、いわゆる先進国に多いと言われていますから、必ずしも花粉の量だけの問題ではなく、食生活や大気汚染などが関係しているという可能せも見逃すことはできません。

そう考えると花粉症も、一種の文明病ということになるかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連記事

花粉症のメカニズム

花粉症のメカニズム

花粉症が、様々な植物に花粉に反応して起こるアレルギー反応であることは多くの方がご存知だと思います

記事を読む

花粉症の民間療法について

花粉症の民間療法について

他の様々な病気と同じように、花粉症にも数多くの『民間療法』と呼ばれるものが存在しています。民間療

記事を読む

花粉飛散が年により違う理由

花粉飛散が年により違う理由について

花粉症の人にとって気になるのが、花粉の飛散量。最近ではニュースの天気予報でも、花粉の飛散量が予報

記事を読む

花粉症の局所ステロイド投与について

花粉症の局所ステロイド投与について

花粉症の治療法の一つとして、『局所ステロイド投与』というものがあります。ステロイドといえば、様々

記事を読む

花粉症の室内での注意や対策について

花粉症の室内での注意や対策について

外出しなければ花粉の心配はないかというと、残念ながらそういうわけいもいきません。花粉は小さなもの

記事を読む

花粉症のレーザー治療について

花粉症のレーザー治療について

花粉症に対する外科的療法の一つとして、『レーザー治療』も行われています。一般的には、花粉症の治療

記事を読む

花粉症に有効な乳酸菌について

花粉症に有効な乳酸菌について

『乳酸菌』といえば、腸内細菌の中でも善玉菌の代表選手として広く知られているものですが、これが花粉

記事を読む

風邪と花粉症の見分け方について

風邪と花粉症の見分け方について

風邪と花粉症は、鼻水や鼻づまりなど似たような症状が出てくるものです。毎年、花粉症を経験している人

記事を読む

花粉症とは

今では、誰も知らない人がいないといえるほど多くの人に発症している『花粉症』ですが、意外と医学的な

記事を読む

花粉症に有害な生活習慣について

花粉症に有害な生活習慣について

花粉症の治療や対策などをいくら行なっていても、その一方で有害な生活習慣を続けていたのでは、なかな

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑