*

花粉症の民間療法について

公開日: : 最終更新日:2014/10/08 花粉症 , , ,

花粉症の民間療法について
他の様々な病気と同じように、花粉症にも数多くの『民間療法』と呼ばれるものが存在しています。

民間療法には、体験上効果があるといわれているものも決して少ないわけではないのですが、そのほとんどが医学的には根拠が乏しいとされていますので、必ずしも効くとは限りません。

ただ、体質やその他の条件によっては効果が期待できるかもしれませんので、試してみる価値はあるといえるでしょう。

花粉症の民間療法の中でも、もっとも実践者が多いといわれているのが、いわゆる『漢方』です。

漢方は東洋医学に基づいているものですので、民間療法に含めていいのかどうかは議論の余地があるかもしれませんが、現時点で厚生労働省では民間療法とみなしているようです。

特定の症状だけを緩和させるのではなく、体質全体を改善しようというのが漢方の考え方ですから、少し時間はかかるかも知れませんが、それなりの効果は期待できるでしょう。

次に多いのが、『健康茶』と呼ばれるものです。

代表的なものとしては「甜茶」が挙げられますが、他に「柿の葉茶」や「ハーブティー」、「どくだみ茶」、さらにはいわゆる「日本茶」なども効果があるといわれています。

他に、『健康食品』と呼ばれているものの中から、「霊芝」や「シソ」、「羅漢果」、「南瓜種」、「天然にがり」、「プロボリス」、「クロレラ」、それに「青汁」などもありますし、一般的な食品の中でも「ヨーグルト」をはじめとする「乳酸菌系の食品」や「ミントガム」などにも効果があるといわれています。

スポンサーリンク

関連記事

花粉症に有効な食べ物について

花粉症に有効な食べ物について

花粉症の治療ということでは、薬の投与や手術などが思い浮かぶと思いますが、体質を改善するという見地

記事を読む

花粉症の抗ヒスタミン薬の投与について

花粉症の抗ヒスタミン薬の投与について

今のところ、花粉症を根治させるような決定的な薬というのは存在していませんが、花粉症の症状を抑える

記事を読む

花粉飛散が年により違う理由

花粉飛散が年により違う理由について

花粉症の人にとって気になるのが、花粉の飛散量。最近ではニュースの天気予報でも、花粉の飛散量が予報

記事を読む

花粉症の局所ステロイド投与について

花粉症の局所ステロイド投与について

花粉症の治療法の一つとして、『局所ステロイド投与』というものがあります。ステロイドといえば、様々

記事を読む

花粉症のステロイド注射について

花粉症のステロイド注射について

「注射を一本打てば、花粉症の1シーズンを快適に過ごせる」ということで、一時期もてはやされていたの

記事を読む

花粉症の抗原となる植物の特徴・・・飛散・時期・特徴など

『オオアワガエリ』は、5月から8月の夏時期に花粉が飛散する植物で、種類としてはイネ科・アワガエリ

記事を読む

花粉症のメカニズム

花粉症のメカニズム

花粉症が、様々な植物に花粉に反応して起こるアレルギー反応であることは多くの方がご存知だと思います

記事を読む

花粉症の減感作療法について

花粉症の減感作療法について

『減感作療法』というのは、『アレルゲン免疫療法』とも呼ばれているもので、アレルゲンとなる花粉をほ

記事を読む

花粉症に有害な生活習慣について

花粉症に有害な生活習慣について

花粉症の治療や対策などをいくら行なっていても、その一方で有害な生活習慣を続けていたのでは、なかな

記事を読む

花粉症のレーザー治療について

花粉症のレーザー治療について

花粉症に対する外科的療法の一つとして、『レーザー治療』も行われています。一般的には、花粉症の治療

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑