*

花粉症に有効な乳酸菌について

公開日: : 最終更新日:2014/10/03 花粉症 , , ,

花粉症に有効な乳酸菌について
『乳酸菌』といえば、腸内細菌の中でも善玉菌の代表選手として広く知られているものですが、これが花粉症にも効くらしいということで注目されています。

花粉症になるメカニズムというのは、体内に花粉が入ってきた時に過剰反応を起こしてしまうということなのですが、その際に作られるのが「IgE抗体」と呼ばれるものです。

元々、IgE抗体は腸内の寄生虫を撃退するという役割を持った抗体ですから、花粉の侵入程度のことで作られるということ自体がおかしいのですが、乳酸菌を積極的に摂取していると、この過剰反応を抑えることができるようです。

ですから、なるべく多くの乳酸菌を摂取することでIgE抗体が減り、その結果、花粉症の軽減にもつながってくるということですね。

また、アレルゲンとなる花粉は、もちろん鼻の粘膜に直接つくことも多いのですが、それだけではなく口から胃腸を経由して侵入することも少なくありません。

そんなときに乳酸菌をはじめとした善玉菌が多いと腸内免疫の働きで、それらアレルゲンの取り込みが阻止されるという可能性も見込めるのです。

これらのことから、花粉症に乳酸菌が効くらしいといわれているのですが、実際に花粉症の症状が軽減しているという報告がありますので試してみる価値は十分にあると言えます。

ただし、症状が出てからでは効果が低いとされていますので、花粉が飛散する3ヶ月程度前から計画的に乳酸菌を含んだ食事を毎日心がけていくといいでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

花粉症のメカニズム

花粉症のメカニズム

花粉症が、様々な植物に花粉に反応して起こるアレルギー反応であることは多くの方がご存知だと思います

記事を読む

花粉症に有効な食べ物について

花粉症に有効な食べ物について

花粉症の治療ということでは、薬の投与や手術などが思い浮かぶと思いますが、体質を改善するという見地

記事を読む

花粉症の民間療法について

花粉症の民間療法について

他の様々な病気と同じように、花粉症にも数多くの『民間療法』と呼ばれるものが存在しています。民間療

記事を読む

花粉症の抗ヒスタミン薬の投与について

花粉症の抗ヒスタミン薬の投与について

今のところ、花粉症を根治させるような決定的な薬というのは存在していませんが、花粉症の症状を抑える

記事を読む

花粉症の減感作療法について

花粉症の減感作療法について

『減感作療法』というのは、『アレルゲン免疫療法』とも呼ばれているもので、アレルゲンとなる花粉をほ

記事を読む

花粉症の症状について

花粉症の症状について

一口に花粉症といっても、その症状には個人差があります。代表的な花粉症の症状は、大きく「鼻の症状」

記事を読む

花粉症の抗原となる植物の特徴・・・飛散・時期・特徴など

『オオアワガエリ』は、5月から8月の夏時期に花粉が飛散する植物で、種類としてはイネ科・アワガエリ

記事を読む

花粉症が急激に増えた原因について

花粉症が急激に増えた原因について

花粉症の原因自体が、まだまだ解明されていませんから、花粉症が急激に増えた原因も特定されてはいない

記事を読む

風邪と花粉症の見分け方について

風邪と花粉症の見分け方について

風邪と花粉症は、鼻水や鼻づまりなど似たような症状が出てくるものです。毎年、花粉症を経験している人

記事を読む

花粉症の原因について

花粉症の原因について

花粉症を引き起こす直接的な原因は、言うまでもなく「花粉」ですね。花粉症の原因とされている植物は約

記事を読む

水疱性類天疱瘡を詳細に:原因,症状,検査,治療など

水疱性類天疱瘡とは 水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいて

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

→もっと見る

PAGE TOP ↑