*

花粉症に有害な生活習慣について

公開日: : 最終更新日:2017/10/26 花粉症 , , ,

花粉症に有害な生活習慣について
花粉症の治療や対策などをいくら行なっていても、その一方で有害な生活習慣を続けていたのでは、なかなか改善につながりません。

とはいえ、有害であることに気づかないまま習慣化してしまっているものも少なからずあると思われますから、ここで一度、花粉症に有害な生活習慣を確認しておきましょう。

筆頭にあげられるのは、『疲れやストレスを溜めてしまう』ということです。

身体の疲れはもちろんですが、精神的な疲れも身体機能に大きな影響を与えます。

当然、免疫機能にもその影響が現れ、花粉に対する過剰反応を起こす確率が高くなりますから、常にリフレッシュを心がけておきましょう。

また、上記とも関連してきますが『睡眠不足』になることも、花粉症に対しては有害です。

特に現代人は慢性的な睡眠不足になっている人も少なくありませんから、たっぷりと良質な睡眠をとるよう意識しておきたいものです。続いて『運動不足』も影響することがあります。

いわゆる生活習慣病の原因の一つでもありますが、適度に身体を動かしていないと体力も低下し、免疫バランスも崩れやすくなるものです。

精神的なリフレッシュにもつながりますから、日常生活の中に上手に運動を取り入れるようにしましょう。さらに『偏った食事』や『過度の飲酒や喫煙』も、花粉症には有害な生活習慣といえます。

こうして見てみると、当てはまるという人も少なくないかもしれませんが、逆から考えると、花粉症の改善には特別なことが必要なのではなく、身体に良いと言われていることを1つずつ実践していけばいいということになります。

すぐに習慣化することは難しいかもしれませんが、やりやすいところから取り入れていくようにしてみてください。

スポンサーリンク

関連記事

花粉症の減感作療法について

花粉症の減感作療法について

『減感作療法』というのは、『アレルゲン免疫療法』とも呼ばれているもので、アレルゲンとなる花粉をほ

記事を読む

花粉症のメカニズム

花粉症のメカニズム

花粉症が、様々な植物に花粉に反応して起こるアレルギー反応であることは多くの方がご存知だと思います

記事を読む

花粉症のステロイド注射について

花粉症のステロイド注射について

「注射を一本打てば、花粉症の1シーズンを快適に過ごせる」ということで、一時期もてはやされていたの

記事を読む

花粉症とは

今では、誰も知らない人がいないといえるほど多くの人に発症している『花粉症』ですが、意外と医学的な

記事を読む

花粉症の民間療法について

花粉症の民間療法について

他の様々な病気と同じように、花粉症にも数多くの『民間療法』と呼ばれるものが存在しています。民間療

記事を読む

花粉飛散が年により違う理由

花粉飛散が年により違う理由について

花粉症の人にとって気になるのが、花粉の飛散量。最近ではニュースの天気予報でも、花粉の飛散量が予報

記事を読む

花粉症の抗ヒスタミン薬の投与について

花粉症の抗ヒスタミン薬の投与について

今のところ、花粉症を根治させるような決定的な薬というのは存在していませんが、花粉症の症状を抑える

記事を読む

花粉症のレーザー治療について

花粉症のレーザー治療について

花粉症に対する外科的療法の一つとして、『レーザー治療』も行われています。一般的には、花粉症の治療

記事を読む

花粉症の室内での注意や対策について

花粉症の室内での注意や対策について

外出しなければ花粉の心配はないかというと、残念ながらそういうわけいもいきません。花粉は小さなもの

記事を読む

花粉症の抗原となる植物の特徴・・・飛散・時期・特徴など

『オオアワガエリ』は、5月から8月の夏時期に花粉が飛散する植物で、種類としてはイネ科・アワガエリ

記事を読む

水疱性類天疱瘡を詳細に:原因,症状,検査,治療など

水疱性類天疱瘡とは 水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいて

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

→もっと見る

PAGE TOP ↑