*

抗リン脂質抗体症候群の原因・症状・検査・治療などについて

公開日: : 膠原病

抗リン脂質抗体症候群 どんな病気(概要)

抗リン脂質抗体症候群(こうりんししつこうたいしょうこうぐん)とは、血液の中に自己抗体である抗リン脂質抗体がつくり出されることが原因で、血液が過度に凝固してしまうために生じる疾患のことをいいます。
こうした状態になると血栓症(けっせんしょう)が引き起こされますが、動脈や静脈に血栓症が引き起こされるほか、血栓がつくり出される場所によっては脳梗塞(のうこうそく)や深部静脈血栓症(しんぶじょうみゃくけっせんしょう)などが起こります。
それから、血栓は胎盤につくり出されることもあり、この場合はお腹の中にいる子供に血液が行き渡らず、胎盤梗塞(たいばんこうそく)により習慣性の流産を招いてしまうこともあるのです。
なお、患者数は国内で10,000人程度いるといわれているため、比較的珍しい部類に入る病気であるといえるでしょう。

抗リン脂質抗体症候群の原因

現在のところはっきりとした抗リン脂質抗体症候群の原因はわかっていません。
ただ、抗リン脂質抗体症候群患者の半分程度は全身性エリテマトーデスが共に引き起こされていることがわかっています。
また、抗リン脂質抗体症候群の人の中には、強皮症をはじめとする膠原病(こうげんびょう)と一緒に引き起こされるケースもあります。
そのほか、繰り返し流産を経験した人や、中高年でもなく動脈硬化になっていないにもかかわらず脳梗塞などの血栓症を経験した人は、抗リン脂質抗体症候群の疑いがあります。
なお、遺伝との関連性については、現状においてはっきりとしたことはわかっていません。

抗リン脂質抗体症候群の症状

動脈に血栓がつくり出された場合には脳梗塞、心筋梗塞(しんきんこうそく)などが引き起こされ、静脈に血栓ができた場合には脚部に起こる深部静脈血栓症や肺梗塞(はいこうそく)といったものが起こります。
このように、血栓が生じる部位によってさまざまな症状が引き起こされる可能性があるのが抗リン脂質抗体症候群の特徴です。
また、女性が抗リン脂質抗体症候群になった場合には、妊娠中毒症(にんしんちゅうどくしょう)が引き起こされるほか、習慣性の流産を招いたり、子宮内胎児死亡(しきゅうないたいじしぼう)といったトラブルが起こり得るのです。
仮に子供を産むことができたとしても、胎児仮死(たいじかし)が起こったり、胎児発育遅延(たいじはついくちえん)といった問題を招くリスクがあります。
また、子供を産んだあとの母体の血栓症合併という事例もあります。
そのほか、抗リン脂質抗体症候群には劇症型のものがあり、多臓器障害(たぞうきしょうがい)や中枢神経症状、高頻度の高血圧があるのが特徴で、急性の経過をたどり命を落としてしまうリスクが大きいのですが、治す術は現在のところ確立されていません。

抗リン脂質抗体症候群の検査と診断

抗カルジオリピン抗体、β2-GPI依存性抗カルジオリピン抗体、ループスアンチコアグラントといった抗リン脂質抗体が、血液検査がおこなわれた場合に陽性を示します。
また、ほかにも検査でわかることとして、血小板減少症(けっしょうばんげんしょうしょう)が引き起こされている場合が多くあります。
活性化部分トロンボプラスチン時間が延長するなどの凝固能異常がみとめられたり、梅毒になっているわけでもないのに梅毒検査により陽性を示すこともあるのです。
診断に関しては、動脈や静脈の血栓症か習慣性の流産のいずれかと、抗リン脂質抗体が12週間以上のサイクルで複数回陽性を示せば付きます。

抗リン脂質抗体症候群の治療の方法

抗リン脂質抗体症候群の血栓症再発を未然に防ぐことを目的に、抗血小板療法がおこなわれます。
抗血小板療法では、アスピリンがおもに使用されることになります。
また、抗凝固療法がおこなわれることもあり、その場合にはワーファリンを服用する形になります。
そのほか、女性の場合には子宮内胎児死亡を避けるため、アスピリンを服用したり、ヘパリン製剤を皮下注射する抗凝固療法が選択されます。

スポンサーリンク

関連記事

成人スティル病の原因・症状・検査・治療などを詳しく

小児期に発症した関節リウマチのうち、関節の症状だけでなく高熱と発疹をきたす病気のタイプを、「ステ

記事を読む

Wegener肉芽腫症の原因・症状・検査・治療などを詳しく

ウェゲナー肉芽腫症は、1939年にドイツの病理学者によって報告された疾患で、中~小血管の壊死性血

記事を読む

ベーチェット病の原因・症状・検査・治療などを詳しく

ベーチェット病とは、口腔粘膜のアフタ性潰瘍、外陰部潰瘍、皮膚症状、眼症状の4つの炎症を主な症状と

記事を読む

シェーグレン症候群の原因・症状・検査・治療・予防などを詳しく

シェーグレン症候群(しぇーぐれんしょうこうぐん)とは、自己免疫疾患の一種であり、唾液腺や涙腺など

記事を読む

全身性硬化症の原因・症状・検査・治療などを詳しく

全身性硬化症は強皮症のうち、症状が皮膚だけにとどまらず、内臓にまで及ぶ病気です。 全身の皮膚が

記事を読む

膠原病とは・・・原因・症状・治療・検査などのご紹介

『膠原病』というのは、全身にある複数の臓器や結合組織に異常が起こり、機能障害をもたらす疾患群の総

記事を読む

全身性エリテマトーデスの原因・症状・検査・治療などを詳しく

全身性エリテマトーデスは、英語でsystemic lupus erythematpsusといい、

記事を読む

多発性筋炎の原因・症状・検査・治療などを詳しく

筋炎とは、手足などの筋肉に原因不明の炎症ができて、力が入らなくなったり、筋肉痛を起こす病気です。

記事を読む

混合性結合組織病の原因、症状、検査、治療方法など

混合性結合組織病 どんな病気(概要) 混合性結合組織病(こんごうせいけつごうそしきびょう)とは

記事を読む

膠原病に類する主な病気の概要・症状・治療など

全身性エリテマトーデスの概要・症状・治療などについて こちらでページを独立して、詳しくご紹介し

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑