*

免疫力は健康の要です。免疫力についての基礎知識

公開日: : 免疫


免疫とは病気を免れることであり、体を守るために区別し排除する働きのことを免疫力といいます。
体が本来持っている細胞を自己として認識し、外から入ってきたウイルスなどを非自己として区別できるため、非自己を攻撃・排除して自己を守るために働くことが可能です。
一度、はしかやおたふく風邪にかかると二度目はかかりづらいといいますが、これは免疫力の働きのひとつである免疫記憶によるものです。
一度目の感染の際に免疫がはしかなどのウイルスを記憶し、二度目にはそのウイルスにだけ対抗できる物質、抗体を作り出して排除します。
予防接種もこの働きを利用したもので、ワクチンによって病原菌の毒性を弱めて活動しないように処理したうえで体内に入れ、人為的に抗体を作る仕組みとなっています。

免疫力と免疫細胞

免疫力は、免疫細胞というさまざまな細胞の働きにより成り立っています。
免疫細胞には多くの種類があり、さらにそれぞれの役割が分担されており、互いに連携をとってウイルスや細菌を排除していきます。
侵入してきた敵を発見するもの、その情報を伝達するもの、攻撃の命令を出すもの、攻撃するための武器を用意するもの、実際に攻撃を行うものなど、挙げればきりがないほどに役割があり、細胞があるのです。

免疫が正常に働かない場合

免疫が正常に働いていれば、前述したように綿密な連携と役割のもと、ウイルスや細菌を退治することができます。
しかしながら、免疫が正常に働かない場合があることをご存知でしょうか。
免疫が本来であれば攻撃しないはずのものを攻撃してしまうと、アレルギーをはじめとする疾患へとつながってしまいます。
卵や蕎麦(そば)などの食べ物によるアレルギーや、花粉症やアトピーも免疫の暴走による疾患です。
免疫の暴走は体質によるので根本的な改善策はありませんが、食べ物のアレルギーであれば食べ物自体を避ける、花粉症であれば乳酸菌やビフィズス菌を摂取する、アトピーであれば清潔に保ち保湿をするといった対策をとることができます。

例:風邪を引いた時の免疫反応

風邪によく効く薬

わかりやすい免疫の働きの例として、風邪を引いた場合について取り上げていきたいと思います。
風邪を引いた場合の対処として、ほとんどの人が薬を飲んで安静に過ごします。
薬局へ行けばパッケージに風邪薬と書かれた薬が売っていますし、病院へ行けば風邪に効く薬が処方されます。
しかしながら、それらの薬はあくまで症状を抑えるだけのものであり、ウイルスを撃退する薬ではありません。
症状を抑える薬を飲んで安静に過ごすうちに風邪が治りますが、それは人が生まれながらに持っている免疫力の働きによるものです。
薬の助けを借りながらも、自分自身の持つ力で風邪のウイルスを撃退しています。
人の持つ免疫力こそが、風邪によく効く薬と言えるのです。

症状すべてが免疫反応

風邪を引くと、くしゃみが出たり鼻水が出たりしますが、そういった症状もすべて免疫による反応であることをご存知でしょうか。
発熱や嘔吐など風邪が原因で起こる症状すべてが免疫による反応、つまり免疫反応です。
風邪の引きはじめにくしゃみや鼻水が出るのは、口や鼻で暴れているウイルスを追い出そうとしているからです。
免疫力が高いと、この段階でくしゃみや鼻水によってウイルスを追い出すことができ、風邪は治ります。
しかしながら、不規則な生活などにより免疫力が低下していると、ウイルスが体内に侵入しウイルスの増殖を抑える力が機能できず、本格的に風邪を引いてしまいます。
そうなると、胃や腸からウイルスを追い出そうとして下痢や嘔吐の反応が出てくるほか、風邪の症状の定番ともいえる熱も出てきますが、この発熱も免疫反応です。
ウイルスは人の平均体温である36度ほどで活発になりますが、それ以上に体温が上がると熱に弱いので増殖が抑えられ、結果として徐々に風邪が治っていきます。
風邪を引いた際、発熱したからといって薬で熱を下げてしまうのは免疫反応の妨げになり逆効果ですので、できる限り安静にして自然と熱が下がるのを待ってください。

風邪を引いた場合の免疫反応

以上をふまえた上で、実際に風邪を引いた場合の免疫反応を追ってみましょう。
風邪のウイルスが体内に入り込んだ場合、真っ先にウイルスのもとへたどりつくのがマクロファージと呼ばれる細胞です。
マクロファージはウイルスを細胞内に取り込んで情報を得るため抗原提示細胞とも呼ばれており、組織によって名前が異なるので肝臓ではクッパー細胞、脾臓では樹状細胞とも呼ばれています。
マクロファージが集めた風邪ウイルスの情報を、免疫の司令官ともいえるヘルパーT細胞へ渡すことで本格的にウイルスの撃退が開始されます。
ヘルパーT細胞はマクロファージから届いた情報をもとに、ウイルスに感染した細胞を壊すことができるキラーT細胞へ細胞を破壊するよう命令を出します。
感染した細胞をたんぱく質のパーフォリンを用いて破壊したキラーT細胞は、役目を終えるとほとんどが死滅してしまいごく一部しか残りません。
残ったキラーT細胞はメモリーキラーT細胞として体の中に留まり、再び同じウイルスが侵入した際に増殖して感染細胞をただちに破壊します。
そのようにしてヘルパーT細胞がキラーT細胞へ命令を出すあいだ、ヘルパーT細胞はB細胞へもウイルスの抗体を作るよう命令しています。
B細胞は抗体を作ることのできる唯一のリンパ球で、B細胞受容体を抗体という大量の武器に作り替え、補体と呼ばれる抗体を補う物質と協力しあうことでウイルスに感染した細胞を破壊します。
キラーT細胞が直接細胞を破壊できるのに対し、B細胞は作った抗体で細胞へ攻撃するという違いがあります。

風邪の原因が細菌だった場合

風邪の原因がウイルスではなく細菌だった場合は、キラーT細胞やB細胞から細菌自体が異物とされ、攻撃されます。
人の細胞よりも小さく、体の外に出てしまうと生きていけないウイルスに比べ、細菌は細胞よりも大きく人の体に入らずとも生きていけるため、ウイルス性の風邪よりも長引きやすく症状も悪化しやすいです。
免疫により細菌を退治できた場合は問題ありませんが、細菌は人の体の中で増え続けることができるため、細菌の力に免疫力が負けてしまうこともあります。
風邪が長引いたり悪化したりと治る様子がないようであれば、病院で受診し抗生物質による治療を受けてください。

免疫力低下のサイン

免疫力低下のサイン

高齢であったり病気になったりすると免疫が低下しますが、現代人の免疫力は昔に比べると低下しており、このような免疫力の低下を現代型免疫低下と呼びます。
免疫力が低下してしまうと、風邪を引いたりインフルエンザにかかったりといった印象がありますが、病気になることだけが免疫力低下のサインではありません。
病気にかかりやすくなるだけでなく、日常の生活にも支障が出ることを知っておきましょう。
しっかり眠っているのに疲れがとれず倦怠感が続く、ひんぱんに口内炎やヘルペスができてしまう、肌が荒れている、花粉症やアトピーの症状が悪化した、大事な会議などを前に体調を崩したなど、一見すると免疫力の低下と気づくことのできない状態に陥ってしまいます。
単なる体調不良ととらえがちな状態ばかりですが、いずれも免疫力低下のサインです。
また、ストレスをためているときや暑い日や寒い日が続くときにも免疫は低下しがちです。
免疫力は体重や血圧と違いはっきりとした数値として確認できず、低下していてもなかなか気づくことができないので、こうしたサインを見逃さないことが大切になります。

免疫力低下のサインに気づいたら

免疫力低下のサインに気づいたら、免疫力をもとに戻すよう対策を行いましょう。
もっとも体への影響が大きい対策は、ストレスをためこまないことです。
ストレスは免疫力低下だけでなく、イライラしやすくなるなど精神面でも悪影響を及ぼします。
趣味の時間をつくったり、友人に話を聞いてもらったり、ゆっくり半身浴をしたりといった具合に、リラックスして楽しめる時間を確保することが大事です。
食事による改善も即効性があり、野菜や果物を多く食べてビタミンをたっぷりと摂取することで、免疫力低下への対策に効果的ですし、美容にも良い影響があって一石二鳥です。
また、食事では免疫力を高める乳酸菌を意識して継続的に摂っていくことでも効果が得られます。
代表的な食品はヨーグルトやチーズですが、ほかにも味噌、ぬか漬け、キムチといった発酵食品にも乳酸菌は含まれています。
ウォーキングやジョギング、ストレッチを行うことで血流を良くすることも効果があり、1日あたり30分運動するだけでも免疫力は大きく違ってきます。

免疫力チェック

自宅で免疫力の確認

免疫力は数値で確認することができないので、低下しているかどうか自分では判断つきません。
少し体がだるいからといって病院へ行くのも大げさに感じてしまいますし、体温を計る体温計のように手軽にチェックできる道具もありません。
しかし、自宅で免疫力の確認ができることをご存知でしょうか。
体の機能を支える免疫力ですから、食生活や生活習慣や睡眠といった複数のカテゴリーごとに細かくチェックをしなければなりません。
多少時間はかかりますが横になったままチェックできますので、心身を楽にしてひとつずつ確認していきます。

食事をチェック

まずは体を作る上で欠かせない食事をチェックしていきます。
毎日決まった時間に食事ができているか、昨日はお昼を抜いて今日は朝を抜いているなど不規則になっていないか、外食ばかり続いていないか、野菜を食べているか、腹八分で止めているか確認しましょう。
時間や回数が不規則だったり、外食が続いていたり、野菜をほとんど食べていなかったり、満腹になるまで食べたりしているようであれば改善が必要です。

睡眠も大切に

免疫力低下を防ぐためには睡眠も大切です。
睡眠時間が6時間以下が続き、睡眠不足を感じていると、それだけで免疫力は低下してしまいます。
眠りが浅く夜中に目を覚ましてしまう、寝つきが悪い、しっかり眠っているのに疲れがとれない、朝なかなか起きられないなど当てはまるようであれば免疫力低下のサインです。
休日にゆっくり眠るだけでも効果がありますので、眠る一時間前にはテレビやパソコン、携帯電話を見るのは避け、定期的に長時間の睡眠をとるようにしましょう。

・体を動かす時間を確保する

1日に30分だけでも運動できているかどうかチェックしましょう。
デスクワークだとなかなか難しく感じる運動ですが、免疫力低下を防ぐために習慣として取り入れます。
車や電車での通勤や通学だと歩く機会が減ってしまいがちなので、早朝に散歩をする、一駅だけでも歩く、階段を利用するなどして体を動かす時間を確保しましょう。
通勤や通学の距離が10キロ以内であれば、自転車を利用することで無理なく運動不足を解消でき、交通費の節約にもなります。

ストレスをためない

食事、睡眠、運動と体に関することが基本になりますが、ストレスをためないことが何より重要です。
ストレスは免疫力低下の原因だけでなく、万病のもとになります。
ストレスにより食欲不振に陥ったり、睡眠不足になってしまったり、体を動かす気力もなくなってしまったり、そういった結果として病気や免疫力低下につながってしまいます。
自分に合ったストレス発散方法を見つけて免疫力低下を防ぎましょう。

スポンサーリンク

関連記事

白血球の種類と働き

白血球は血液の一成分で、細胞成分に分類されます。 外部から体のなかになんらかの細菌や異物が入り

記事を読む

ヘルパーTh17細胞とは

ヘルパーTh17細胞というのは、白血球のひとつであるヘルパーT細胞のサブセットです。 比較的最

記事を読む

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない細胞性免疫の2つがあります。 ここでは

記事を読む

抗ヒスタミン薬の働き・とり方・副作用・代表的な製剤などについて

温熱や寒冷、薬、食物などさまざまな物理的刺激がきっかけとなって、皮膚組織内に存在する肥満細胞から

記事を読む

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されており、それを抗体もしくは免疫グロブリンと呼

記事を読む

ストレスと免疫力アップの関係とは?

私たちは、日々ストレスと闘っています。 そのレベルの大小はありますが、イライラしてしまったり、

記事を読む

気道免疫の働きや仕組み

人間が呼吸をするときには、空気は鼻から入り込み、のど、器官、さらに左右に分岐する気管支を通って肺

記事を読む

免疫力アップと運動との関係とは?

「運動は体に良い」というのはよく聞く話です。 でも一概に「運動は体に良い」とはいっても、色々と

記事を読む

笑いと免疫力アップの関係とは?

テレビを見たり、本を読んだりなど、毎日一度は声を出して笑うことがあるでしょう。 この、毎日笑う

記事を読む

T細胞が主役の細胞性免疫

なんらかの病気や怪我の治療のために、移植という方法が選択されることがあります。 移植には2つの

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑