*

ツボ押しで免疫力をアップしましょう

公開日: : 免疫

免疫力アップにつながるツボ

爪の生え際以外にも、免疫力アップにつながるツボが体中にあります。
頭頂部、首の後ろ、腕、手の甲にあるツボが特に免疫力アップにつながるツボです。

慣れるまでは鏡の前でツボの位置を確認しながら、痛いけど気持ち良いくらいの力加減で刺激していきましょう。

頭頂部にある百合でストレス発散

頭頂部にある百合(ひゃくえ)と呼ばれるツボは、ストレス発散や精神を安定させる効果があり、頭部の血行を良くします。

両耳から頭頂部へ指先でたどっていき、真ん中で交差する場所にあります。
頭のてっぺんですのでわかりやすいツボです。
百合を中心点としてひし形に囲むように四つのツボもありますが、こちらも刺激することで頭がすっきりとします。

首の後ろで自律神経を活発に

首の後ろにある大椎(たいつい)というツボは自律神経を活発にします。
下を向いた際、首の後ろに飛び出る骨がありますが、その下に位置しています。

押して刺激するだけでなく、大椎を中心とした首の後ろを温めたりさすったりするのも効果があります。

全身の免疫力を向上させる曲池

腕にある曲池(きょくち)というツボは、全身の免疫力を向上させアレルギーの症状を軽減させます。

もちろん花粉症にも効果がありますので、症状が出る方は毎日の刺激がおすすめです。
腕を曲げた際にできるしわのひじ側の端になりますので、しわを目安にして見つけましょう。

手の甲には合谷

手の甲には合谷(ごうこく)と呼ばれるツボがあり、こちらのツボを刺激することで免疫機能を整え、アトピーや喘息も抑える働きがあります。
手の甲の側にあり、親指と人差し指の骨が交差する手前のくぼみを人差し指のほうへ押すのが効果的です。

体のツボを把握し免疫力アップへ

ツボを押すことに慣れないうちは、力加減が難しく感じるでしょう。
痛いけど気持ち良いくらいの力加減であることを心がけつつ、押したあとに楽になっているのを実感しながら刺激していきます。
ツボの位置は個人で異なりますので、自分で押しながらどこが気持ち良く感じるのかを覚えてください。

また、押す時間に関してですが、目安として一回につき5秒~10秒かけてゆっくりと刺激していきましょう。
自分で刺激するだけでなく、専門の整体師や針灸師に通い、実際に押してもらうのも効果がありますし、ツボの正確な位置を把握することも可能です。

ツボは刺激するだけで血行が良くなりますし、血流が改善すれば免疫力もアップしますので、時間を見つけてツボ押しをし、習慣にすると良いでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

睡眠と免疫力アップの関係とは?

あらゆる病気の勝つための、体内でのはたらきが「免疫」です。 この免疫は、少しの生活習慣の変化で

記事を読む

T細胞が主役の細胞性免疫

なんらかの病気や怪我の治療のために、移植という方法が選択されることがあります。 移植には2つの

記事を読む

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひとつに数えられます。 これらはそれぞれ

記事を読む

白血球の種類と働き

白血球は血液の一成分で、細胞成分に分類されます。 外部から体のなかになんらかの細菌や異物が入り

記事を読む

ヘルパーTh17細胞とは

ヘルパーTh17細胞というのは、白血球のひとつであるヘルパーT細胞のサブセットです。 比較的最

記事を読む

お風呂と免疫力アップの関係とは?

ゆっくりと湯船に浸かって、数を100まで数える。 こんな風にたっぷりと入浴時間を取っている人は

記事を読む

ストレスと免疫力アップの関係とは?

私たちは、日々ストレスと闘っています。 そのレベルの大小はありますが、イライラしてしまったり、

記事を読む

腸管免疫の働きや仕組み

腸管は人間にとってなくてはならない器官で、食物から取り入れられた栄養素やエネルギーを消化・吸収す

記事を読む

風邪の発熱とサイトカインの関係

風邪にはさまざまな症状がありますが、風邪を引いて発熱するというのは珍しいことではありません。

記事を読む

笑いと免疫力アップの関係とは?

テレビを見たり、本を読んだりなど、毎日一度は声を出して笑うことがあるでしょう。 この、毎日笑う

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑