*

爪もみで免疫力アップ!即効で効果ありの方法です

公開日: : 免疫


食事など普段の生活を改善することで免疫力をアップできますが、仕事やプライベートが忙しいとつい不規則な生活になってしまいがちです。
改善したくとも時間がない、そもそも免疫力低下の影響で改善する気力がわいてこないなど、さまざまな問題があります。

そこでおすすめしたいのが、爪もみによる免疫力アップです。
爪の生え際にあるツボを刺激することにより、自律神経が整って免疫力アップにつながります。
井穴(せいけつ)と呼ばれるそのツボには神経繊維が集中しているため、爪もみを行った瞬間から効果があり、道具も必要なく非常に手軽です。

爪もみの仕方

井穴は爪の生え際から2ミリ下ほどのところにあり、指先でマッサージしやすい箇所です。
正確な場所がわからなくても、爪の生え際あたりを刺激するだけで自然と井穴も刺激できています。

爪もみの仕方ですが、爪の生え際を反対側の手の親指と人差し指でつまみ、10秒ほど押すようにもみ続けます。
親指から順に、それぞれの指をすべてもむようにしましょう。
やや強めの力加減で、細かく押しもんだり押さえるようにもんだりと、自分にとって気持ち良いと感じるやり方でもみます。

一日に2、3回は爪もみを行ってください。
両手の指を一本ずつ行ってみても3分もかかりませんので、ちょっとした待ち時間でもテレビを見ながらでも、手軽に刺激できます。
両手だけでなく両足の指も同じように靴下をはく前にもんでみたり、一日の終わりに湯船に浸かりながらもんだりすると、よりいっそう効果的です。

刺激する指によって効果が異なる

刺激する指によって効果が異なります。
親指はアトピーや喘息、人差し指は胃潰瘍や過敏性腸症候群、中指は耳鳴り、薬指は低血圧やだるさ、小指は不眠や肩こり、ほかにもさまざまな症状に効果がありますので、できるだけ毎日続けましょう。

爪もみの注意点

手軽で即効性もあり、効果もさまざまな爪もみですが、いくつか注意する点があります。
爪もみを始めたばかりだと痛みを感じることや症状が悪化することがありますが、症状が改善される前兆ですので爪もみを続けてください。

日々継続的に行うことで効果があります。
また、いくら爪もみを続けていても、不規則な生活や偏った食生活が続いていると効果がありません。

毎日の生活を改めつつ、爪もみも続けましょう。
薬指のみが交感神経を刺激しますので、薬指のみの刺激を続けると逆に免疫力低下のおそれがあります。
爪もみを行う際にはすべての指をセットで行うようにしてください。

スポンサーリンク

関連記事

薬・抗生物質と免疫力アップの関係とは?

生きている中で、人はたくさんの病気を経験します。 病気を経験することで、体内に「抗体」がつくら

記事を読む

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない細胞性免疫の2つがあります。 ここでは

記事を読む

ツボ押しで免疫力をアップしましょう

免疫力アップにつながるツボ 爪の生え際以外にも、免疫力アップにつながるツボが体中にあります。

記事を読む

ストレスと免疫力アップの関係とは?

私たちは、日々ストレスと闘っています。 そのレベルの大小はありますが、イライラしてしまったり、

記事を読む

加齢と免疫力アップの関係とは?

年齢を重ねるごとに、病気にかかりやすくなっている。 そう感じる人は少なくないでしょう。 そう

記事を読む

T細胞が主役の細胞性免疫

なんらかの病気や怪我の治療のために、移植という方法が選択されることがあります。 移植には2つの

記事を読む

白血球の種類と働き

白血球は血液の一成分で、細胞成分に分類されます。 外部から体のなかになんらかの細菌や異物が入り

記事を読む

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、そしていろいろな種類の白血球が集合して生

記事を読む

潔癖症と免疫力アップの関係とは?

「潔癖症」の人が、そばにいるという人はいるでしょうか。 または、自分自身が潔癖症だという自覚が

記事を読む

腸管免疫の働きや仕組み

腸管は人間にとってなくてはならない器官で、食物から取り入れられた栄養素やエネルギーを消化・吸収す

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑