*

加齢と免疫力アップの関係とは?

公開日: : 免疫


年齢を重ねるごとに、病気にかかりやすくなっている。
そう感じる人は少なくないでしょう。
そう感じる理由が、免疫力の低下にありました。

免疫細胞生産量が減ってしまう

体内では体の組織をつくっている細胞のほかに、毎日3000億個もの「免疫細胞」がつくられています。
同時に、同じだけ免疫細胞が古いものから死に、常に入れかわっているのです。
この免疫細胞のおかげで、病気を跳ね返したり、病気にかかっても重症になることなく、毎日健やかに過ごせます。

また、日常的に発生するガン細胞に対しても、免疫細胞がはたらきかけることで、ガンにかかるリスクを減らしてくれているのです。
しかし、そんな免疫細胞も、年齢と共につくられる数が減ります。
ピークは15~20歳で、それ以降は年々減少傾向に。

とくに、ガン細胞に対して有効だとされている「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)」も、年齢を重ねるごとに減少していきます。
NK細胞は、ガン細胞を直接的に攻撃できる細胞で、体内に常に存在しています。

このNK細胞が減れば減るほど、ガンにかかるリスクがアップしてしまうのです。
そのため、若年者に比べると、働き盛りであったり、高齢な人ほどガンの患者が多いのです。

加齢とストレスとの関係

年齢と共に、社会から受けるストレスが増えていくことも、免疫力の低下と加齢の関係のひとつです。
社会的地位が大きくなればなるほど、責任が大きくなります。

それは喜ばしいことであると同時に、重くのしかかってくる「ストレス」でもあるのです。
ストレスがかかると、体内では免疫細胞である「リンパ球」が減少します。
すると、ちょっとした風邪などの、小さな病気にかかりやすくなります。

また、ストレスによって、暴飲暴食してしまったり、飲酒や喫煙の量が増えたりすると、体内の環境が悪くなる一方。
免疫細胞を新たに生み出すことや、栄養を届けるはたらきが鈍くなり、免疫力低下を招きます。

生活習慣で免疫力低下は防げる

免疫細胞がつくられる量が減ってしまうのは、止められません。
だからこそ、免疫細胞を減らさない生活をしていきたいものです。

よく笑い、バランスよく食べ、よく眠ること。
そして、ストレスをためないことが大切です。

スポンサーリンク

関連記事

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない細胞性免疫の2つがあります。 ここでは

記事を読む

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されており、それを抗体もしくは免疫グロブリンと呼

記事を読む

ヘルパーTh17細胞とは

ヘルパーTh17細胞というのは、白血球のひとつであるヘルパーT細胞のサブセットです。 比較的最

記事を読む

腸管免疫の働きや仕組み

腸管は人間にとってなくてはならない器官で、食物から取り入れられた栄養素やエネルギーを消化・吸収す

記事を読む

免疫力は健康の要です。免疫力についての基礎知識

免疫とは病気を免れることであり、体を守るために区別し排除する働きのことを免疫力といいます。 体

記事を読む

肥満細胞とヒスタミンの関係

肥満細胞はその形状が肥満のよう見えることから呼称されたもので、肥満とは直接的関係はありません。

記事を読む

T細胞が主役の細胞性免疫

なんらかの病気や怪我の治療のために、移植という方法が選択されることがあります。 移植には2つの

記事を読む

ツボ押しで免疫力をアップしましょう

免疫力アップにつながるツボ 爪の生え際以外にも、免疫力アップにつながるツボが体中にあります。

記事を読む

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひとつに数えられます。 これらはそれぞれ

記事を読む

レセプターとは

レセプターは細胞に存在し、細胞の外からもたらされるいろいろなシグナル分子を選択的に受容するたんぱ

記事を読む

水疱性類天疱瘡を詳細に:原因,症状,検査,治療など

水疱性類天疱瘡とは 水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいて

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

→もっと見る

PAGE TOP ↑