*

睡眠と免疫力アップの関係とは?

公開日: : 免疫


あらゆる病気の勝つための、体内でのはたらきが「免疫」です。
この免疫は、少しの生活習慣の変化で、強くすることも、逆に弱くしてしまうことにも繋がります。
免疫力を上げていくことで、病気に強い体づくりになるのです。

睡眠時間と健康状態

毎日何時間の睡眠をとっているでしょうか。
実はこの睡眠時間の違いでも、免疫力の差が出ているのです。
実際に行われた実験結果によれば、4時間睡眠、8時間睡眠、12時間睡眠のグループのうち、8時間睡眠のグループが健康状態がいいということに。

このときの健康状態というのは、起床時の血糖値が安定しているか、リラックスした状態であるかなどを指します。
リラックスした状態を保てると、病気に対応するワクチンの効き目もよくなります。
また、血糖値が安定して起床時に疲れを感じないことで、朝食をしっかり食べられます。

すると、日中の活動エネルギーも十分ですし、病気を跳ね返す力も備わります。
対して睡眠時間が長すぎたり、短かったりする場合は、リラックス状態とはほど遠く、血糖値が高いという結果でした。
眠気が長く残ってしまい、朝食を食べるエネルギーがありません。

すると、脳の働き、体の働きも悪くなり、イライラを感じる人も。
この状態が続けば病気にも対応できなくなってしまいます。

睡眠時間と免疫細胞

睡眠を正しい形にすることで、このような事態を改善することができます。
睡眠中は、自律神経がリラックス状態である副交感神経優位に変化します。
副交感神経がはたらくと、体内でリンパ球がつくられます。

このリンパ球こそが、体内の免疫力の元となっていて、病気のウイルスや菌を殺す役割を持っているのです。
副交感神経が最も優位に働いて、リンパ球が大量につくられるのが、午後8時~午前4時くらいとされています。

この時間帯の中で、6~8時間の睡眠がとれると、最も免疫力向上に効果的です。
多くも、少なくもないちょうどいい睡眠時間で、起床時もよりスッキリと起きられます。

免疫力はガンをも倒す

風邪など軽い症状の病気から、インフルエンザ、ガンまでも、免疫力が強い人は治りが早いのです。
とくに、がん細胞を倒すことができるのは、体内の免疫細胞だけ。
免疫力を向上させるリンパ球を効果的に増やせる時間帯に、しっかりと睡眠をとって、ガンにも負けない体をつくりたいものです。

スポンサーリンク

関連記事

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されており、それを抗体もしくは免疫グロブリンと呼

記事を読む

抗ヒスタミン薬の働き・とり方・副作用・代表的な製剤などについて

温熱や寒冷、薬、食物などさまざまな物理的刺激がきっかけとなって、皮膚組織内に存在する肥満細胞から

記事を読む

T細胞が主役の細胞性免疫

なんらかの病気や怪我の治療のために、移植という方法が選択されることがあります。 移植には2つの

記事を読む

レセプターとは

レセプターは細胞に存在し、細胞の外からもたらされるいろいろなシグナル分子を選択的に受容するたんぱ

記事を読む

補体とは

特定の細菌に対して、免疫を保持した人間の血清を混ぜると細菌がこわれてしまいます。 ところが、こ

記事を読む

腸管免疫の働きや仕組み

腸管は人間にとってなくてはならない器官で、食物から取り入れられた栄養素やエネルギーを消化・吸収す

記事を読む

潔癖症と免疫力アップの関係とは?

「潔癖症」の人が、そばにいるという人はいるでしょうか。 または、自分自身が潔癖症だという自覚が

記事を読む

ヘルパーTh17細胞とは

ヘルパーTh17細胞というのは、白血球のひとつであるヘルパーT細胞のサブセットです。 比較的最

記事を読む

加齢と免疫力アップの関係とは?

年齢を重ねるごとに、病気にかかりやすくなっている。 そう感じる人は少なくないでしょう。 そう

記事を読む

便秘と免疫力アップの関係とは?

毎日のお通じで、お腹はスッキリしているでしょうか? とくに女性に多いのが、便秘の悩みです。

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑