*

肥満細胞とヒスタミンの関係

公開日: : 最終更新日:2016/02/23 免疫


肥満細胞はその形状が肥満のよう見えることから呼称されたもので、肥満とは直接的関係はありません。
肥満細胞は造血幹細胞によってつくられ、わたしたちの体を守るうえで重要な役割をもちます。
細胞アレルギー発症の仕組みにも関係し、アレルゲンが体に入り込むことで肥満細胞は化学物質を分泌します。
そして、ヒスタミンを放出して、アレルギー反応を生じさせます。

肥満細胞はマスト細胞という別名もあります。
血管の周囲にたくさん存在しますが、鼻粘膜や気管支、皮膚などほかのいろいろな組織にもみられます。
肥満細胞は喘息の呼吸困難や花粉症のくしゃみといったアレルギー由来の症状の原因物質を放出する顆粒を多く含みます。
そのため、よくないものというイメージが強いですが、炎症などの免疫反応を誘発させることで、病原菌などの脅威からわたしたちの体を保護するという大切な働きをもちます。
花粉などの抗原が体の内部に入り込むと、肥満細胞の表面にIgE(免疫グロブリンE)と呼ばれる抗体が生成されます。
このIgEに抗原が結合されると細胞膜酵素の働きが高まって、脂肪細胞に含まれる顆粒からヒスタミンの放出、ロイコトリエンや血小板活性化因子といった化学物質が生じます。
これらが発生すると炎症といった免疫反応がおき、さらにくしゃみや鼻水、咳などの症状があらわれるようになります。
これが免疫反応が起きるまでの流れです。

なんらかの原因で脂肪細胞が体の一部に蓄積してしまう、もしくは肥満細胞が正常に働かないことがあります。
そうすると強烈な免疫反応、すなわちアレルギー反応が生じます。
アレルギー反応が悪化すると花粉症の辛い症状が多く出ます。
それだけではなく、白血病や喘息の呼吸困難など死亡にいたるような病気が引き起こされる場合もあります。
そのため、脂肪細胞は正常な量が体内に存在する必要があると言えます。
マイナス面ばかりに目を向けずに、正常な量を維持することが大切だと認識すべきでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

気道免疫の働きや仕組み

人間が呼吸をするときには、空気は鼻から入り込み、のど、器官、さらに左右に分岐する気管支を通って肺

記事を読む

睡眠と免疫力アップの関係とは?

あらゆる病気の勝つための、体内でのはたらきが「免疫」です。 この免疫は、少しの生活習慣の変化で

記事を読む

潔癖症と免疫力アップの関係とは?

「潔癖症」の人が、そばにいるという人はいるでしょうか。 または、自分自身が潔癖症だという自覚が

記事を読む

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひとつに数えられます。 これらはそれぞれ

記事を読む

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない細胞性免疫の2つがあります。 ここでは

記事を読む

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されており、それを抗体もしくは免疫グロブリンと呼

記事を読む

レセプターとは

レセプターは細胞に存在し、細胞の外からもたらされるいろいろなシグナル分子を選択的に受容するたんぱ

記事を読む

T細胞が主役の細胞性免疫

なんらかの病気や怪我の治療のために、移植という方法が選択されることがあります。 移植には2つの

記事を読む

腸管免疫の働きや仕組み

腸管は人間にとってなくてはならない器官で、食物から取り入れられた栄養素やエネルギーを消化・吸収す

記事を読む

ヘルパーTh17細胞とは

ヘルパーTh17細胞というのは、白血球のひとつであるヘルパーT細胞のサブセットです。 比較的最

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑