*

レセプターとは

公開日: : 最終更新日:2016/03/08 免疫


レセプターは細胞に存在し、細胞の外からもたらされるいろいろなシグナル分子を選択的に受容するたんぱく質のことを指し、受容体とも呼ばれています。
レセプターはわたしたち人間の体にとってなくてはならないもので、体内で重要な働きをします。
シグナル分子としては、いろいろな生理活性物質やホルモン、神経伝達物質などが挙げられます。
細胞膜にみられるものがほとんどですが、細胞質もしくは核内にあるものもあります。
細胞膜にみられる受容体は、4つに分けることができます。

ひとつがGたんぱく質結合型受容体で、7回膜貫通型と呼ばれる構造をもちます。
シグナル分子が結合することでGたんぱく質が活発な状態となり、特定の二次メッセンジャーを合成する酵素が活性化、もしくは不活性化されて、細胞反応が起こります。
神経伝達物質、アドレナリン受容体、アデノシン受容体、ロドプシンなどほとんどのペプチドホルモンの受容体がこれに分類されます。

2つ目がイオンチャンネル型受容体というもので、シグナル分子の結合によって受容体のもつ構造は変わります。
そして特定のイオンが通過できるように、膜電位が変わります。
どのイオンを通過させるのかということは、イオンチャネルのもつ特徴によってかわってきます。
骨格筋の細胞膜に存在するニコチン型アセチルコリン受容体などがこれに分類されます。

3つ目がサイトカイン受容体スーパーファミリーです。
シグナル分子が結合を果たすと受容体は2重の構造となって、それがチロシンキナーゼと働きあって活発な状態となります。
さまざまなサイトカインの受容体、プロラクチン受容体などがこれに分類されます。

4つ目が固有の酵素活性をもつ受容体です。
シグナル分子が結合を果たすと、細胞質側のドメインのチロシンキナーゼ活性やグアニル酸シクラーゼ、ホスファタ―ゼ活性などの高まりが確認されます。
ほとんどの成長因子やインスリン受容体などがこれに分類されます。

スポンサーリンク

関連記事

気道免疫の働きや仕組み

人間が呼吸をするときには、空気は鼻から入り込み、のど、器官、さらに左右に分岐する気管支を通って肺

記事を読む

ストレスと免疫力アップの関係とは?

私たちは、日々ストレスと闘っています。 そのレベルの大小はありますが、イライラしてしまったり、

記事を読む

T細胞が主役の細胞性免疫

なんらかの病気や怪我の治療のために、移植という方法が選択されることがあります。 移植には2つの

記事を読む

便秘と免疫力アップの関係とは?

毎日のお通じで、お腹はスッキリしているでしょうか? とくに女性に多いのが、便秘の悩みです。

記事を読む

風邪の発熱とサイトカインの関係

風邪にはさまざまな症状がありますが、風邪を引いて発熱するというのは珍しいことではありません。

記事を読む

ツボ押しで免疫力をアップしましょう

免疫力アップにつながるツボ 爪の生え際以外にも、免疫力アップにつながるツボが体中にあります。

記事を読む

加齢と免疫力アップの関係とは?

年齢を重ねるごとに、病気にかかりやすくなっている。 そう感じる人は少なくないでしょう。 そう

記事を読む

潔癖症と免疫力アップの関係とは?

「潔癖症」の人が、そばにいるという人はいるでしょうか。 または、自分自身が潔癖症だという自覚が

記事を読む

補体とは

特定の細菌に対して、免疫を保持した人間の血清を混ぜると細菌がこわれてしまいます。 ところが、こ

記事を読む

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひとつに数えられます。 これらはそれぞれ

記事を読む

水疱性類天疱瘡を詳細に:原因,症状,検査,治療など

水疱性類天疱瘡とは 水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいて

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

→もっと見る

PAGE TOP ↑