*

自然免疫と適応免疫

公開日: : 最終更新日:2016/03/18 免疫


免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひとつに数えられます。
これらはそれぞれちがった役割や機能を持っており、わたしたちの体を守るために働いています。
2つの免疫は健康を維持するために、欠かせない要素だと言えます。

わたしたちの体は皮膚という防御機能によって、外部からの異物の侵入を防いでいます。
しかし、病原菌やウイルスなどの異物は、この防御機能を突破して体のなかへと侵入して、体に悪影響を及ぼします。
こういった抗原にはじめに対抗しようとするのが、自然免疫です。

自然免疫は生体内に常にあるバリア機能で、インターフェロンなどのたんぱく質、マクロファージやナチュラルキラー細胞などがこれに含まれます。
こういった物質は常に体のなかにある程度みられ、それぞれが機能しています。
その働きはさまざまで、たとえば細胞などを溶解して取り除く、あるいは抗体と一緒に細胞を攻撃します。
マクロファージは侵入してきた細胞を攻撃して、解体するという役割をもちます。
がん細胞は常に体内で生成されていますが、ナチュラルキラー細胞はこの細胞を攻撃します。

一方の適応免疫は、自然免疫が撃退できなかった強い細菌などを排除する役割を担います。
一般的に使用されている免疫という言葉は、この適応免疫を指していると思っていいでしょう。
適応免疫の機能では、自己と非自己の認識への免疫の特性が特徴的にみられます。
適応免疫は液性免疫と細胞性免疫の2種類に大きく分けることができます。
たとえばバクテリアが体に入り込もうとしたときに、それを撃退しようとするのが液性免疫です。
それに対してウイルスの侵入に対抗しようとするのが細胞性免疫で、キラーT細胞と呼ばれるものが対応使用とします。
ただし、ウイルスが入り込んできた際にも、それに対抗するための抗体は生成されます。
さらに免疫物質も関わってくるとなると免疫機構はやや複雑になりますが、基本的にはそれぞれが独自の役割を果たすことになります。

スポンサーリンク

関連記事

便秘と免疫力アップの関係とは?

毎日のお通じで、お腹はスッキリしているでしょうか? とくに女性に多いのが、便秘の悩みです。

記事を読む

肥満細胞とヒスタミンの関係

肥満細胞はその形状が肥満のよう見えることから呼称されたもので、肥満とは直接的関係はありません。

記事を読む

免疫力アップと運動との関係とは?

「運動は体に良い」というのはよく聞く話です。 でも一概に「運動は体に良い」とはいっても、色々と

記事を読む

気道免疫の働きや仕組み

人間が呼吸をするときには、空気は鼻から入り込み、のど、器官、さらに左右に分岐する気管支を通って肺

記事を読む

ツボ押しで免疫力をアップしましょう

免疫力アップにつながるツボ 爪の生え際以外にも、免疫力アップにつながるツボが体中にあります。

記事を読む

レセプターとは

レセプターは細胞に存在し、細胞の外からもたらされるいろいろなシグナル分子を選択的に受容するたんぱ

記事を読む

潔癖症と免疫力アップの関係とは?

「潔癖症」の人が、そばにいるという人はいるでしょうか。 または、自分自身が潔癖症だという自覚が

記事を読む

加齢と免疫力アップの関係とは?

年齢を重ねるごとに、病気にかかりやすくなっている。 そう感じる人は少なくないでしょう。 そう

記事を読む

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されており、それを抗体もしくは免疫グロブリンと呼

記事を読む

抗ヒスタミン薬の働き・とり方・副作用・代表的な製剤などについて

温熱や寒冷、薬、食物などさまざまな物理的刺激がきっかけとなって、皮膚組織内に存在する肥満細胞から

記事を読む

水疱性類天疱瘡を詳細に:原因,症状,検査,治療など

水疱性類天疱瘡とは 水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいて

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

→もっと見る

PAGE TOP ↑