*

銀杏アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/03/18 食物アレルギー

銀杏アレルギーの特徴
銀杏アレルギーの原因は、銀杏を体内に摂取する事によって、アレルギー症状を引き起こすものであります。
また、銀杏アレルギーの場合は、体内に摂取しなくとも、銀杏が含まれる水分に触れる事で、銀杏アレルギーを引き起こすケースもあります。

症状

銀杏アレルギーの症状は、全身、または身体の一部に赤み、腫れ、かぶれ、むくみ、発疹、湿疹、蕁麻疹などの皮膚的症状や、
腹痛、頭痛、頭重、下痢、吐き気、嘔吐、などの内的症状、消化器官的症状などがあげられます。
酷い場合は、アナフィラキシー症状を引き起こす事もあるので、そうした場合は救急処置が必要となります。

特徴

銀杏アレルギーの症状は、銀杏を食べる個数が人によって違いがあるのが特徴かもしれません。
1~2個食べただけで銀杏アレルギーを発症する方もいれば、10個食べて発症する方もいたりします。
特に身体の内臓器官が未発達の幼児には、特に顕著に出やすいと思われます。
また、銀杏は、体内に摂取してから数時間~数日間の間に身体に現れるのも特徴といえるでしょう。

治療

銀杏アレルギーの治療は、皮膚的症状を発症した場合は皮膚科に、内的症状、消化器官的症状を発症した場合は内科、もしくは消化器科などの専門医に受診をしましょう。
そして、出来る事ならアレルギー科のある専門医に受診をし、アレルギー検査と血液検査をする事をお勧めします。

注意点

銀杏アレルギーの注意点は、銀杏を食べ過ぎない事です。
上記にもあるように、内臓器官が未発達な幼児には、特に銀杏を与えすぎないようにしましょう。
銀杏には、中毒性の物質がある為、成人でも10個以上は食べ過ぎには注意が必要です。
加工処理、加工調理された銀杏ですらも、銀杏の中毒を引き起こす危険性があります。
そして、生の銀杏もかぶれ易い物質がある為、素手で生の銀杏を触らないようにしましょう。
もし、素手で(皮がついていても)銀杏を触った場合は、すぐに手洗いをしましょう。
手についた銀杏で顔や他の身体の部分に触ったりでもすれば、触った箇所がかぶれてしまいます。
すぐに清潔にしておく事が肝心です。

スポンサーリンク

関連記事

乳児の食物アレルギーは寛解しやすい

50年ほど前まで、日本ではほとんどアレルギーと呼ばれる症状はありませんでした。 しかしなが

記事を読む

トロポミオシン アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

トロポミオシンアレルギーといっても聞いたことがないという人も多いのではないでしょうか。 簡単に

記事を読む

いかアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

いかアレルギーは、いかを食べることで体がアレルギー反応を起こす場合のことを言います。 いかでの

記事を読む

ナッツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

小さな粒で栄養価が高いことから、ダイエットなどのときの間食や、ちょっとしたおつまみ、そのほか菓子

記事を読む

ラテックス-フルーツ症候群の原因、症状、改善、治療などについて

天然ゴムを使用している製品に触れたり、フルーツや野菜、ナッツ類といった植物性の食物を食べると、ア

記事を読む

しいたけアレルギーの特徴

しいたけアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

しいたけアレルギーについて みなさんはしいたけアレルギーについて知っていますか? 今回はしい

記事を読む

あさりアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

あさりアレルギーとは、あさりを食べることでアレルギー反応を示すことを言います。 日本での貝アレ

記事を読む

マカダミアナッツアレルギーの特徴

マカダミアナッツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

みなさんはマカダミアナッツアレルギーについて聞いたことがありますか?実はピーナッツアレルギーでだ

記事を読む

ココアアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ココアアレルギーは別名チョコレートアレルギーとも呼ばれ、ココアやチョコレートの原料であるカカオに

記事を読む

うなぎアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

うなぎが原因のアレルギーの発症率は低く、稀だといわれていますが、うなぎにアレルギーを持つ人は存在

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑