*

ほうれん草アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/03/11 食物アレルギー

ほうれん草アレルギーの特徴
ほうれん草アレルギーの原因は、ほうれん草を体内に摂取をする事によって引き起こされるアレルギーの一種であります。
ほうれん草アレルギーは、過熱調理、または加工処理をしたほうれん草でもアレルギー反応が出る場合もあります。

症状

ほうれん草アレルギーの症状は、全身、または身体の一部に赤み、痒み、かぶれ、発疹、湿疹、蕁麻疹、しびれ感などの皮膚的症状多いように見受けられます。
また、ほうれん草アレルギーの症状の出具合や、症状も軽度から重度とあり、人によって様々であります。
その他、他のアレルゲンがきっかけで、ほうれん草アレルギーを引き起こす事もあるかと思われます。

特徴

ほうれん草アレルギーの特徴としては、ただほうれん草を加熱処理しただけであっても、症状が出るケースがあります。
また、ほうれん草に接触をする、野菜ジュースなど、ほうれん草も含まれたミックスジュース、ほうれん草の煮汁を摂取、もしくは接触をするだけでもアレルギー反応を引き起こす場合もあったりします。

治療

ほうれん草アレルギーの治療としては、ほうれん草アレルギーの症状自体が皮膚的症状が非常に多いように見受けられます。
なので、皮膚的症状が発症した場合は、皮膚科などの専門医に受診をしましょう。
下痢、吐き気、嘔吐など、ほうれん草を摂取してから数時間後、こうした症状が起きた場合は、消化器科、内科などの専門医に受診をするようにしましょう。
そして、出来る事ならアレルギー科のある専門医に受診をし、アレルギー検査をする事をお勧めします。

注意点

ほうれん草アレルギーの注意点としては、症状の出具合や軽度、重度と様々です。
そして、幼少の事は平気だったのが、何かのきっかけでほうれん草アレルギーを発症する事もあります。
また、アレルギーは遺伝的要素がある為、アレルギー要素のある乳児に母乳を通して摂取させると、乳児にもアレルギー発症を引き起こす事もあります。
そうした場合は、母乳を与える際は慎重にするよう心がけるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

イチゴアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

イチゴアレルギーとは、イチゴに対してアレルギー反応をみせることをいいます。 果物アレルギーの一

記事を読む

里芋アレルギーの特徴

里芋アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

里芋アレルギーとは何か? みなさんは里芋アレルギーという言葉を聞いたことがありますか?実は里芋

記事を読む

ゴーヤアレルギーの特徴

ゴーヤアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ゴーヤアレルギーについて 沖縄のゴーヤはにがみで知られていますが、最近は沖縄以外でも人気で一般

記事を読む

ナッツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

小さな粒で栄養価が高いことから、ダイエットなどのときの間食や、ちょっとしたおつまみ、そのほか菓子

記事を読む

食物アレルギーの治療法:経口免疫療法

経口免疫療法 厄介な食物アレルギーの治療方法の一つとして、経口免疫療法があることをご存じでしょ

記事を読む

ねぎアレルギの特徴・症状・対策・仕組みなど

ねぎやたまねぎは昔から身体に良い食べ物として重宝され、多くの料理などに用いられてきました。

記事を読む

同じ物を繰り返し摂取することによって食物アレルギーがおこるらしい

アレルギーとは、特定の食物を摂取することで、体に不快な症状があらわれることです。 近年、そ

記事を読む

ししゃもアレルギーの特徴

ししゃもアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ししゃもアレルギーの原因は、ししゃもを体内に摂取する事によって引き起こるアレルギ

記事を読む

肉アレルギーの特徴

肉アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

肉アレルギーって一体何? みなさんは卵や乳製品でアレルギーが起ることはご存知でしょうか。 肉

記事を読む

さくらんぼアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

食物アレルギーは食べ物の数だけ症例があると言われていますが、さくらんぼもアレルギーを引き起こす可

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑