*

柑橘類アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/02/19 食物アレルギー , , , ,

柑橘類アレルギーの特徴

アレルギーの原因

柑橘類アレルギーの原因は、柑橘類などの果実を体内に摂取すると、アレルギーを引き起こすのが一般的のようです。
その他、柑橘系の化粧品、入浴剤などを使用した結果、柑橘類枯アレルギーを発症する事例もあったりします。

症状

柑橘類アレルギーの症状としては、全身、または身体の一部に赤み、ほてり、湿疹、かゆみ、蕁麻疹、などの皮膚的症状が主に多いようです。
ただし、呼吸器的症状、喘息的症状などを引き起こした場合は、生命の危険に繋がる危険性があるので、注意が必要です。

特徴

柑橘類アレルギーの特徴は人それぞれで、特徴も様々です。
以前は症状が軽い程度だったのが、年齢を重ねるごとに悪化する人もいれば、
それまで全くアレルギー反応がなかったのが、突然変異のようにアレルギー反応を引き起こす・・・といったケースもあります。

治療

柑橘類アレルギーの治療法としては、皮膚的症状が発症した場合は、まずは皮膚科などの専門医に受診しましょう。
そして、アレルギー検査をして、柑橘類アレルギーがアレルゲンかを調べる事が大切です。
呼吸器系、喘息的症状を引き起こす程の症状が起きた場合は、呼吸器科、内科などの専門医に受診しましょう。

注意点

柑橘類が好きな人にとっては辛い事かもしれませんが、柑橘類の摂取を控えるのが一番かと思われます。
そして、化粧品、入浴剤なども柑橘系を控え、表品の品質表示を必ず確認する事が必要です。
もちろん、柑橘系のアロマなどの精油などは、もってのほかです。
しかし、セラピーなどを受ける際は、こうした柑橘系を使用する方が多いので、
事前にパッチテストなどを受けて確認し、柑橘類アレルギーであれば前もって申告するようにしましょう。
また、乳幼児のお子さん、肌に敏感な方の場合は、柑橘類アレルギーを引き起こす危険性を考え、
柑橘系を使用される時は、慎重にする事が大切です。
柑橘類アレルギーの方は、根気強く治療をしていく事が大事だといえるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

セロリアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

日常的な食生活の中で食卓によくあがる食材にセロリがあります。 独特な触感や味などから好き嫌いも

記事を読む

松茸アレルギーの特徴

松茸アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

松茸アレルギーの原因は、松茸を体内に摂取する事により、アレルギー反応を引き起こすものだと考えられ

記事を読む

イチジクアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

イチジクアレルギーは果物によるアレルギーの一種です。 果物によるアレルギーの発症率は低いものと

記事を読む

ラーメンアレルギーの特徴

ラーメンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ラーメンアレルギーの原因は、ラーメンそのものにアレルゲンがあるわけではないと思われます。 ラー

記事を読む

卵アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

卵アレルギーは鶏卵もしくは鶏卵を原材料とした食品を摂取することで、引き起こされるアレルギー反応の

記事を読む

栗アレルギーの特徴

栗アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

栗アレルギーの原因は、栗を体内に摂取、または接触する事により、アレルギーを発症してしまうものです

記事を読む

アロエアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アロエにもアレルギーがあることをご存知でしょうか。 薬いらずとも言われ、使ったり食べたりすると

記事を読む

マカダミアナッツアレルギーの特徴

マカダミアナッツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

みなさんはマカダミアナッツアレルギーについて聞いたことがありますか?実はピーナッツアレルギーでだ

記事を読む

ヒスタミンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

魚を食べたあとに吐き気や腹痛で具合が悪くなった、体に痒みを感じたなど、もしかしてアレルギー?と思

記事を読む

麦アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

麦アレルギーの中でも一番多いとされているのが、食材や日常生活の中で多用されている小麦に対するアレ

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑