*

レモンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/02/24 食物アレルギー , , , ,

レモンアレルギーの特徴

アレルギーの原因

レモンアレルギーの原因は、レモンを体内に摂取、または接触、抵触をする事によって、発症するものであります。
レモンアレルギーといっても、どういった形でレモンを体内に摂取、接触、抵触をするかによって、
レモンアレルギーの反応も人によって様々であるように見受けられます。

症状

レモンアレルギーの症状は、人によって様々です。
全身、または身体の一部に赤み、痒み、かぶれ、発疹、湿疹、しびれなどの皮膚的症状などが一般的のようです。
また、下痢、吐き気、嘔吐、呼吸困難的症状などもあり、酷い場合はアナフィラキシーショックを引き起こす事もあります。

特徴

レモンアレルギーの特徴としては、ただレモンそのものにアレルギーが出る場合もあれば、
『レモン』に関するもの全てにアレルギーが出る場合もあったりします。
これは、レモンだけではなく、レモンをベースにした食品、化粧品、生活雑貨、日用雑貨
レモングラスの精油などのアロマ関係などにもアレルギーを発症する事もあります。

治療

レモンアレルギーの治療としては、皮膚的症状を発症した場合は皮膚科に、
下痢、吐き気、嘔吐、呼吸困難的症状などを発症した場合は消化器科、呼吸器科、内科などに受診をしましょう。
そして、もちろんですがアレルギー検査をする事も非常に大切でしょう。

注意点

今の時代は、レモンを使った食品、化粧品、生活雑貨、日用雑貨、アロマなどの精油が非常に多くなっています。
特に食品に関しては、一見レモンが見当たらなくてもレモンをベースにした食品であったり、
またはレモンを使用した調理器具、調理場などでレモンに接触、抵触した事により、レモンアレルギーを発症する場合もあったりします。
その他、飲食店では揚げ物などを注文すると、必ずというほど具えつけとしてレモンが添えてあったりします。
ご自身でレモンアレルギーだとわかっておられるのであれば、飲食店などで注文する際は、
レモンを除去するように店員に伝えるのも、アレルギー発症を未然に防ぐ事にもなります。
そういった場合は、慎重にするよう心がける事が大事だといえるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

食物アレルギーの主な症状とは

特定の食物を口にしただけで、体にさまざまな症状を引き起こすアレルギー。 その症状は個人差が

記事を読む

パイナップルアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

パイナップルを多く食べていると舌がヒリヒリと痛んだという経験を持っている人は多いのではないでしょ

記事を読む

乳製品アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

子どもの食品アレルギーで、鶏卵アレルギーに次いで多いのが牛乳や乳製品のアレルギーです。 牛

記事を読む

トロポミオシン アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

トロポミオシンアレルギーといっても聞いたことがないという人も多いのではないでしょうか。 簡単に

記事を読む

ゴーヤアレルギーの特徴

ゴーヤアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ゴーヤアレルギーについて 沖縄のゴーヤはにがみで知られていますが、最近は沖縄以外でも人気で一般

記事を読む

あさりアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

あさりアレルギーとは、あさりを食べることでアレルギー反応を示すことを言います。 日本での貝アレ

記事を読む

納豆アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

納豆を食べたあと、しばらくするとなんとなく調子が悪くなる。 このような状態がしばらく続いている

記事を読む

大豆アレルギーの特徴

大豆アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

大豆アレルギーの原因は、大豆を体内に摂取する事により、アレルギーを発症するものであると言われてい

記事を読む

イチゴアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

イチゴアレルギーとは、イチゴに対してアレルギー反応をみせることをいいます。 果物アレルギーの一

記事を読む

銀杏アレルギーの特徴

銀杏アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

銀杏アレルギーの原因は、銀杏を体内に摂取する事によって、アレルギー症状を引き起こすものであります

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑