*

マカダミアナッツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/03/27 食物アレルギー

マカダミアナッツアレルギーの特徴
みなさんはマカダミアナッツアレルギーについて聞いたことがありますか?実はピーナッツアレルギーでだけではなく、マカダミアナッツアレルギーもあるんです。
今回はマカダミアナッツアレルギーについてご紹介します。

マカダミアナッツといえば、非常に柔らかくその味と香ばしさは日本でも大変人気です。
しかし、マカダミアナッツでアレルギー症状を起こす人はいて、小さい頃はアレルギー症状がまったくなかったのに、大人になってから症状が出るという人もいます。

アレルギーには即時型のアレルギーというタイプがあり、その場合は食べてすぐに症状が出るのが特徴です。
ナッツアレルギーの場合はナッツを食べることにより、喉の粘膜にナッツが付着して、そのことにより、粘膜が反応して喉に異常が出ます。

そして次に症状がひどい場合は呼吸困難などの症状が出るのです。
次に病因で行われる検査についてご紹介します。
プリックテストが行われることが多いようです。

プリックテストとはアレルギーの原因物質の液体を肌につけ、その横に食塩水を肌につけます。
そして、アレルギーの原因物質をつけたほうの肌との反応の違いを見るのです。

マカダミアナッツアレルギーの症状とは?

・舌がピリピリする
・喉の痒み
・下痢やめまい
・呼吸困難の症状がでることもあります
・体に蕁麻疹が出ることもあるようです

ひどい場合はマカダミアナッツアレルギーで救急車で運ばれることもあるようです。
実は少しのマカダミアナッツを食べただけでアレルギーを発症する人もいるのです。

中華料理や実はオイルマッサージなどにも成分が入っていますので注意が必要です。
みなさんはピーナッツでアレルギーを起こす人がいるということを聞いたことがあると思います。

実はナッツも同じようなアレルギーを起こすことがあるのです。
ピーナッツアレルギーとナッツアレルギーは非常に似ているといえいます。

病院はできればアレルギー科の内科を受診したほうがいいでしょう。
普通の内科ではなくて、アレルギーの専門医がいるアレルギー科を受信した方がいいです。

スポンサーリンク

関連記事

コーヒーアレルギー

コーヒーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

コーヒーアレルギーとその症状 みなさんコーヒーは好きですか?実はみんなが大好きなコーヒーにもア

記事を読む

ヒスタミンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

魚を食べたあとに吐き気や腹痛で具合が悪くなった、体に痒みを感じたなど、もしかしてアレルギー?と思

記事を読む

加工食品のアレルギー表示:<義務品目>7品目と<推奨品目>20品目

特定の食物を接することで、アレルギー反応を起こす人が増えてきました。 そのため、平成14年

記事を読む

ココナッツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ココナッツアレルギーとは、ココナッツを食べたり、ココナッツの成分が肌に触れたりすることでアレルギー症

記事を読む

鮭アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

食物アレルギーにはさまざまなものがありますが、魚に対するアレルギー反応もそのひとつに含まれます。

記事を読む

にんにくアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

にんにくアレルギーという言葉を聞いたことはありますか。 患者数も少なく、まれな症状であるため、

記事を読む

グレープフルーツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

グレープフルーツを食べた際に具合や気分が悪くなった、肌に痒みを感じたなどの異常があった場合、グレ

記事を読む

ピザハットアレルギーの特徴

ピザハットアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ピザハットアレルギーの原因は、ピザハットそのものにアレルギーがあるという

記事を読む

うどんアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

うどんアレルギーの場合、それは小麦アレルギーと呼ばれるものです。 うどんに含まれる小麦にアレル

記事を読む

椎茸アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

きのこの独特な食感は、人によって好き嫌いが分かれがちです。 特に椎茸は、数あるきのこ類の中でも

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑