*

松茸アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/03/11 食物アレルギー

松茸アレルギーの特徴
松茸アレルギーの原因は、松茸を体内に摂取する事により、アレルギー反応を引き起こすものだと考えられます。
また、松茸アレルギーの場合は、体内に摂取するだけではなく、松茸への接触や匂いを嗅ぐといっただけでも、アレルギー反応を引き起こすケースもあります。

症状

松茸アレルギーの症状は、全身、または身体の一部に赤み、痒み、蕁麻疹、湿疹、発疹、かぶれ、腫れなどの皮膚的症状や、頭痛、頭重、吐き気、ムカつき、嘔吐などの消化器官的症状などが上げられます。
その他、呼吸困難的症状も発症する場合もあります。
症状がさらに悪化すると、アナフィラキシー症状を引き起こす危険性があります。

特徴

松茸アレルギーの特徴は、蕁麻疹などの皮膚的症状や吐き気、嘔吐などの消化不良を訴えるのが多いように見受けられます。
また、身体の免疫力が低下している時(風邪など)に松茸を摂取すると、非常にアレルギーを発症しやすいともいえるでしょう。

治療

松茸アレルギーの治療は、皮膚的症状を発症した場合は皮膚科に、頭痛、頭重、消化不良の症状を発症した場合は内科、もしくは消化器科に、呼吸困難的症状を発症した場合も内科、もしくは呼吸器科などの専門医に受診をしましょう。
また、アナフィラキシー症状を引き起こした場合は、緊急を要するものなので、救急手当てが必要となります。

注意点

松茸アレルギーは、意外と知られていないように思われるかもしれませんが、食品衛生法に基づき、『特定原材料に準ずるもの』としての種類の中に、しっかりと含まれています。
また、上記のように身体の免疫力が低下している時に松茸を摂取すると、非常にアレルギー症状を引き起こしやすいものですが、賞味時期が過ぎた古い松茸を摂取すると、非常に激しい消化不良を引き起こしやすくもなります。
松茸を摂取する場合は、(特に臓器が未発達な幼児には)慎重にした方がいいでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

山芋アレルギーの特徴

山芋アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

山芋アレルギーの原因は、山芋を体内に摂取する事により、アレルギーとして発症してしまうものだと考え

記事を読む

かぼちゃアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

かぼちゃは素材そのものに甘みがありホクホクとしていて、赤ちゃんの離乳食の材料として使う人も多い食

記事を読む

栗アレルギーの特徴

栗アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

栗アレルギーの原因は、栗を体内に摂取、または接触する事により、アレルギーを発症してしまうものです

記事を読む

パイナップルアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

パイナップルを多く食べていると舌がヒリヒリと痛んだという経験を持っている人は多いのではないでしょ

記事を読む

ホタテアレルギー

ホタテアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ホタテ貝を体内に摂取する事で、ホタテ貝に含まれている何らかの成分によって

記事を読む

ピザハットアレルギーの特徴

ピザハットアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ピザハットアレルギーの原因は、ピザハットそのものにアレルギーがあるという

記事を読む

ショートニングアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ショートニングとは、主に植物の油を原料とした油脂の一種で、マーガリンをはじめとする多くの商品に用

記事を読む

レモンアレルギー

レモンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 レモンアレルギーの原因は、レモンを体内に摂取、または接触、抵触をする事に

記事を読む

食物アレルギーを診断する上で最も確実な方法 経口負荷試験

近年、食物アレルギーにより、特定の食べ物を口にすると体に異状反応が出てしまう人が子どもを中心に増

記事を読む

さんまアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

さんまなどの魚によるアレルギーの症状は、魚を日常的に食べる習慣のある日本では比較的多くなっていま

記事を読む

水疱性類天疱瘡を詳細に:原因,症状,検査,治療など

水疱性類天疱瘡とは 水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいて

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

→もっと見る

PAGE TOP ↑