*

ミルクアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/01/28 食物アレルギー , , , ,

ミルクアレルギーの特徴・症状

アレルギーの原因

ミルクを体内に摂取する事で、アレルギー反応(体内での拒絶)が起きるのが一般的です。
牛の乳から生成される成分に含まれるたんぱく質によってミルクアレルギーを引き起こすのが要因のようです。

症状

全身、または身体の一部が異常に腫れ上がる。全身、または身体の一部が異常に赤みを帯びたり、湿疹、発疹が出てくる。
嘔吐、下痢、血便などもあり、酷い場合はアナフィラキシーショックを引き起こす事もあります。

特徴

主に生後0ヶ月からの乳幼児に多いように見受けられます。
しかし、成長していく段階で改善の見込みのあるアレルギーですので、
ショック療法のように幼児期からミルクを少量ずつ飲ませていくようにするといいかと思われます。
また、乳幼児に直接摂取をさせていなくとも、母乳を与えている母親がミルク成分(アレルギー要素)が入っているものを摂取すると、
母乳から通じて乳幼児に摂取させてしまう恐れがあります。
完全母乳、または少しでも母乳を与えている女性は、ご自身が摂取する飲食物には慎重にするよう心がけましょう。

治療

皮膚上に症状が出た場合は皮膚科に、嘔吐、下痢、血便などの症状が出た場合は、内科医、消化器系などの専門医に行き、治療をしましょう。
しかし、根本的にはしっかりとした治療が必要なので、アレルギー検査をして、ミルクアレルギーと反応が出た場合、
胃腸がしっかりとしていく幼児期ぐらいまでは、ミルクなどの乳製品を取り除く食生活をしていくといいでしょう。

注意点

ミルクアレルギーが反応あったから・・・といって、乳児にアレルギー専用のミルクを与えてもミルクアレルギーが出る場合があります。
酷いと、上記のようにアナフィラキシーショックを引き起こす事もあるのです。
そういった場合は、ヘタにミルクアレルギー専用ミルクを与えるよりも、母親からの抗体も含まれている母乳にしていった方が、むしろいいかと思います。
ミルクアレルギーの乳児を持つお母さんは大変かもしれませんが、慎重にお子さんの容態を見ながら何が一番ベストな方法かを探していくようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

りんごアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

数ある果物の中でも、りんごはとても有名で日本人にはよく食べられています。 そんなりんごですが、

記事を読む

ピーナッツアレルギー

ピーナッツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ピーナッツアレルギーは、牛乳、卵と同様の3大アレルゲンの1つとして、海外

記事を読む

コーヒーアレルギー

コーヒーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

コーヒーアレルギーとその症状 みなさんコーヒーは好きですか?実はみんなが大好きなコーヒーにもア

記事を読む

マンゴーアレルギーの特徴

マンゴーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

マンゴーアレルギーの原因は、マンゴーを体内に摂取する事により、アレルギー反応を引き起こすものであ

記事を読む

納豆アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

納豆を食べたあと、しばらくするとなんとなく調子が悪くなる。 このような状態がしばらく続いている

記事を読む

酢アレルギーの特徴

酢アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

酢アレルギーについて みなさんは酢アレルギーがあることを知っていますか? お酢は日本料理の調

記事を読む

タンパク質 アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

人体の筋肉を作るための主要な栄養素であり、人の身体にはなくてはならないたんぱく質ですが、このたん

記事を読む

椎茸アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

きのこの独特な食感は、人によって好き嫌いが分かれがちです。 特に椎茸は、数あるきのこ類の中でも

記事を読む

甲殻類アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

甲殻類アレルギーとは、主にエビやカニ・シャコなどを食べたときに起こるアレルギー反応です。 食物

記事を読む

母乳アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

母乳は栄養価が高く、赤ちゃんの成長するにあたって大切な役割を果たします。 しかし、母乳によって

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑