*

くるみアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/07/16 食物アレルギー


くるみもアレルギーの原因となるアレルゲンを含んでいる食品です。
くるみによるアレルギーの症例は比較的多く、アナフィラキシーショックなどの重い症状を起こす可能性も高い食品です。
そのため、特定原材料として成分表示が奨励されている特定原材料のうちの20品目の中に数えられています。

くるみによるアレルギーの症状

多くの食物アレルギーで見られる症状がくるみアレルギーでも起こります。
肌の痒み、赤み、腫れ、胃腸の痛みや吐き気、下痢、蕁麻疹(じんましん)、頭痛やめまいなどです。
同じくるみアレルギーの患者でも症状の大きさは人によって差があり、少量食べただけで具合を悪くする人や、たくさん食べたときのみ体が反応するという人もいます。
発作やアナフィラキシーショックといった重い症状が起こる可能性も大きいと言われています。
アナフィラキシーショックはアレルギー症状のなかで最も重く、場合によっては命に関わる危険があります。

くるみアレルギーの予防法

くるみを食べたときや、食べて少し経ってから体に不調を感じ、それがくるみを食べるごとに繰り返されるのであれば、くるみアレルギーである可能性が高いでしょう。
くるみアレルギーの場合、くるみを食生活から避けることが効果的な予防策となります。
スーパーなどで売られているような個包装されている加工食品については成分表示を確認することができますが、レストランでの外食などは店側への確認がその都度必要な場合がほとんどです。
外食を楽しむ場合は注意をはらい、レシピにくるみが使われていないかをチェックしましょう。

くるみアレルギーの検査方法

アレルギーの検査方法にはいくつかの種類があります。
採血を行い、調べた項目に対してアレルギー反応があるかどうかを調べたり、皮膚に成分を塗布して肌の赤みや腫れの状態から判断したりするほか、実際に食べてどの程度影響があるのかを調べる負荷テストなどがあります。
負荷テストでは発作やアナフィラキシーショックを起こす可能性もあるので、医師の指導のもと行われます。

スポンサーリンク

関連記事

さくらんぼアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

食物アレルギーは食べ物の数だけ症例があると言われていますが、さくらんぼもアレルギーを引き起こす可

記事を読む

ローヤルゼリーアレルギー

ローヤルゼリーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ローヤルゼリーアレルギーについて みなさんはローヤルゼリーについて知っていますか? 実はロー

記事を読む

青魚のアレルギーの特徴

青魚のアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

みなさんは青魚のアレルギーについてどのような考えをお持ちですか?青魚のアレルギーはヒスタミンによ

記事を読む

ごぼうアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

どんな食品でも、アレルギーの原因となるアレルゲンを持っています。 健康食品として広く知られるご

記事を読む

生魚アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

世の中にはさまざまなアレルギーがありますが、その中の一種に生魚に関するアレルギーがあります。

記事を読む

キャベツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

あらゆる食物にはアレルギーを発生させる可能性があり、キャベツもまた、人によっては食べることでアレ

記事を読む

銀杏アレルギーの特徴

銀杏アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

銀杏アレルギーの原因は、銀杏を体内に摂取する事によって、アレルギー症状を引き起こすものであります

記事を読む

とうもろこしアレルギー

とうもろこしアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

とうもろこしアレルギーについて みなさんはとうもろこしは好きですか? 夏の海で食べるとうもろ

記事を読む

そばアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

近年、いろいろなものにアレルギー反応を起こす人が増えています。 その中でも厄介なのは食べ物のア

記事を読む

ピーマンアレルギー

ピーマンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ピーマンアレルギーの原因は、ピーマンを体内に摂取をすると、ピーマンアレル

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑