*

ブルーベリーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/07/24 食物アレルギー


ブルーベリーそのものが原因のアレルギーは比較的少ないのですが、口腔アレルギー症候群には注意が必要です。
口腔アレルギー症候群とは、花粉症を患っている人が果物や野菜を食べた後にアレルギーの症状を見せるものです。
花粉症の原因となる植物のアレルゲンと似た構造のアレルゲンを持つ食品を食べることで、体が「花粉が侵入してきた」と勘違いして反応を起こすのが原因とされていて、これを交差反応と呼んでいます。
交差反応によるアレルギー反応は、ブルーベリーが直接の原因ではありません。

花粉症の人は注意が必要

花粉症を患っている人は、果物や野菜を食べるときは少量ずつ、様子を見ながらにすることがポイントです。
かかっている花粉症の原因となっている植物と交差反応が起こりやすい果物は何かを調べ、それらを避けるのも予防には役立ちます。
ブルーベリーはツツジ科の植物なので、ツツジの花粉や蜜に対してのアレルギーがなければ、比較的安全に食べられる果物と言っても良いでしょう。

口腔アレルギー症候群の予防

一度に口に入れるのではなく少量を口の中に入れてみて、唇や舌がヒリヒリとするのであれば食べるのをやめるのが安全です。
口腔アレルギー症候群の場合、果物に直接の原因はないので、アレルゲン(タンパク質)の構造を変えた摂取だと症状が起きにくくなると言われています。
例えば、缶詰、熱を加えたお菓子などへの加工、冷凍などです。
ブルーベリーの場合はジャムなど、熱を加えた加工であれば反応が起こらない場合もあります。

口腔アレルギー症候群を引き起こしやすい果物は?

スギ、ブタクサ、シラカバ、ヒノキなど日本人の花粉症の原因として多く挙げられる植物のアレルゲンと似ているアレルゲンを持つ果物に注意が必要です。
リンゴ、イチゴ、びわ、なし、桃、すいか、メロンなどさまざまにあります。
果物を全部避けるのは栄養面でも不安が残りますから、少量ずつ試して、自分の体と相性の良い果物をみつけて下さい。

スポンサーリンク

関連記事

さつまいもアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

さつまいもは栄養価も高く、蒸したり茹でたりするだけでも食べられるので、赤ちゃんの離乳食に利用する

記事を読む

食物アレルギーの対処法:アレルゲンフリーの食品を使ってみましょう

食べたくても、食物アレルギーを持っていることで思うままに食べることができない人がいます。

記事を読む

ししゃもアレルギーの特徴

ししゃもアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ししゃもアレルギーの原因は、ししゃもを体内に摂取する事によって引き起こるアレルギ

記事を読む

里芋アレルギーの特徴

里芋アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

里芋アレルギーとは何か? みなさんは里芋アレルギーという言葉を聞いたことがありますか?実は里芋

記事を読む

いくらアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

いくらアレルギーとは、いくらを食べることで何らかのアレルギー症状を起こす場合のことを言います。

記事を読む

スイカアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

夏の食べ物の定番といえばなんといってもスイカが一番。 スイカを食べると夏がきたというような気分

記事を読む

ココアアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ココアアレルギーは別名チョコレートアレルギーとも呼ばれ、ココアやチョコレートの原料であるカカオに

記事を読む

アボガドアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アボガドアレルギーとは、アボガドを食べることで体がアレルギー反応を起こす症状のことを言います。

記事を読む

たけのこ アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

春になると食卓に上る回数の増えるたけのこ。 たけのこを食べたり、たけのこ堀りに行ったりするとい

記事を読む

食物アレルギーに耐性化しやすい食品としにくい食品

食物アレルギーを発症する年齢は、小さな子どもに多いとされています。 実は0歳児が一番多く、年齢

記事を読む

水疱性類天疱瘡を詳細に:原因,症状,検査,治療など

水疱性類天疱瘡とは 水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいて

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

→もっと見る

PAGE TOP ↑