*

長芋アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/08/08 食物アレルギー


食べると精力アップに繋がるなどすると言われている長いもですが、長芋もアレルギー症状を引き起こす場合があります。
現代には、数えきれないほどの食物アレルギーが存在しますが、ここでは長芋アレルギーについてご紹介していきたいと思います。

長芋アレルギーによる症状

他の食物アレルギーと同様、体に蕁麻疹(じんましん)ができたり、赤く腫れあがったり、主に皮膚に影響がでることが多いです。
場合によっては吐いてしまったり、最悪の場合死に至ったりするケースもあるので注意です。
また、直接口にいれなくても、触っただけでかゆみを感じたり、アレルギー反応を引き起こす場合もあります。
その点に関しては個人差がありますので、一人一人が細心の注意を払う必要があります。

アレルギーを発症してしまった場合

上記でかゆみを感じることが多いと述べましたが、その際にあまりかいたりしないようにしましょう。
かゆみを感じると、どうしても落ち着かなくて掻きたくなる衝動に駆られますが、そこはぐっとこらえてください。
早急に冷水や氷で冷やして、症状がおさまるのを待ちましょう。
それでも腫れやかゆみが引かない場合は、病院にいって医師の診察を受けてください。
とりあえず、かゆいからといってむやみやたらに掻かないことが大事です。
かいたことによって症状が悪化してしまうことがあるからです。

アレルギー対策

食物アレルギー全般に言えますが、まずはアレルギーの原因となる食物を摂取しないことを心がけましょう。
この場合は長芋ですね。
小麦や卵等と違い、長芋がほかの食品や製品に含まれているということはあまりありません。
そのため、ほかの食物と比較すると対策しやすいと言えるでしょう。
そして、最近では対症療法といって、わざとアレルゲンを与えて体に耐性をつけさせる療法もあります。
一見こわそうに思われがちですが、病院で採用されているれっきとした治療法です。
ただし対症療法が功を奏するかは個人差がありますので、自分には合わないと感じた場合はやめましょう。
そしてアレルギー対策において一番大事なのは、自分がどのようなアレルギーをもっているか知るということ。
病院などでパッチテストを試みることなどができるので、少しでも気になったら検査を受けに行ってみるとよいでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

ほうれん草アレルギーの特徴

ほうれん草アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ほうれん草アレルギーの原因は、ほうれん草を体内に摂取をする事によって引き起こされるアレルギーの一

記事を読む

さくらんぼアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

食物アレルギーは食べ物の数だけ症例があると言われていますが、さくらんぼもアレルギーを引き起こす可

記事を読む

ローヤルゼリーアレルギー

ローヤルゼリーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ローヤルゼリーアレルギーについて みなさんはローヤルゼリーについて知っていますか? 実はロー

記事を読む

母乳アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

母乳は栄養価が高く、赤ちゃんの成長するにあたって大切な役割を果たします。 しかし、母乳によって

記事を読む

ごまアレルギー

ごまアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ごまアレルギーは、ごまだけではなく、ごま油も体内に取り入れてしまう事でアレル

記事を読む

鯖アレルギーの特徴

鯖アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

鯖アレルギーの原因は、鯖そのものがアレルギーの一因になる事はあまりないようですが、鯖の中に含まれ

記事を読む

アルコールアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アルコールにもアレルギーがあるのをご存知でしょうか。 アルコールアレルギーとは、アルコールが体

記事を読む

豚肉アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

豚肉は肉類のなかでも使用頻度の高い食材ですが、アレルギー反応が出る場合があります。 鶏肉や牛肉

記事を読む

卵アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

卵アレルギーは鶏卵もしくは鶏卵を原材料とした食品を摂取することで、引き起こされるアレルギー反応の

記事を読む

柑橘類アレルギーの特徴

柑橘類アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 柑橘類アレルギーの原因は、柑橘類などの果実を体内に摂取すると、アレルギーを引

記事を読む

水疱性類天疱瘡を詳細に:原因,症状,検査,治療など

水疱性類天疱瘡とは 水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいて

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

→もっと見る

PAGE TOP ↑