*

落花生アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/07/27 食物アレルギー


おやつなどで食べている人も多い落花生ですが、アメリカでは牛乳や鶏卵と並んで三大アレルゲンのひとつに数えられています。
ほんのわずか摂取しただけでも重篤な症状があらわれることもあるので、注意が必要です。

落花生アレルギーの症状

落花生によるアレルギー反応で、とくに多いのが腫れやじんましん、かゆみ、赤みなどの皮膚症状です。
皮膚の異常が広くない場合で、少しずつおさまるようならあまり問題はありません。
しかし広範囲に症状が見られ、痛みがかゆみが強い場合は悪化する可能性があります。
落花生アレルギーはほかのアレルギーと比べて、呼吸器系の症状が多いとされています。
喘息や喉内側の腫れ、鼻炎などが高頻度で起きるようなら、落花生アレルギーの可能性があります。
喉の腫れは悪化すると、気道をふせいで息ができなくなる恐れがあります。
下痢や腹痛、吐き気などの消化器系症状があらわれることもあります。
呼吸困難や血圧低下によって、顔色が悪くなる場合もあるでしょう。
こういった症状が起こることは珍しいですが、起きた場合は強いアレルギー反応が出ていると言えます。

落花生アレルギーへの対策

もっとも効果的な予防は、落花生を食生活から取り除くことです。
落花生はピーナッツとも言いますが、この名前のイメージからナッツ類だと誤解してナッツ類全般を取り除いてしまう人がいます。
しかし、落花生は豆類なので、くりやカシューナッツ、クルミ、アーモンドなどのナッツ類とは無関係です。
また、豆類といっても豆全般にアレルギー反応が出るとは限らないのでまとめて取り除く必要はないでしょう。
なにを食べないほうがいいかは医師に指導してもらうことが大切です。
落花生はお菓子などに使われることはもちろん、調味料やカレールウなどにも材料としてつかわれていることがあるので、十分に注意しなければいけません。
原材料表示をしっかり確認して、誤って摂取しないよう気をつけましょう。

スポンサーリンク

関連記事

豚肉アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

豚肉は肉類のなかでも使用頻度の高い食材ですが、アレルギー反応が出る場合があります。 鶏肉や牛肉

記事を読む

かぼちゃアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

かぼちゃは素材そのものに甘みがありホクホクとしていて、赤ちゃんの離乳食の材料として使う人も多い食

記事を読む

いくらアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

いくらアレルギーとは、いくらを食べることで何らかのアレルギー症状を起こす場合のことを言います。

記事を読む

マカダミアナッツアレルギーの特徴

マカダミアナッツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

みなさんはマカダミアナッツアレルギーについて聞いたことがありますか?実はピーナッツアレルギーでだ

記事を読む

食物アレルギーの主な原因食品は、年齢で変わっていく

食べ物が原因でじんましんが起きたり、腹痛やぜんそくの症状が起きたりする食物アレルギー。 と

記事を読む

納豆アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

納豆を食べたあと、しばらくするとなんとなく調子が悪くなる。 このような状態がしばらく続いている

記事を読む

ナッツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

小さな粒で栄養価が高いことから、ダイエットなどのときの間食や、ちょっとしたおつまみ、そのほか菓子

記事を読む

山芋アレルギーの特徴

山芋アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

山芋アレルギーの原因は、山芋を体内に摂取する事により、アレルギーとして発症してしまうものだと考え

記事を読む

グレープフルーツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

グレープフルーツを食べた際に具合や気分が悪くなった、肌に痒みを感じたなどの異常があった場合、グレ

記事を読む

食物アレルギーの子供の給食への対応はどのようになっているのでしょうか?

食物アレルギーによって、食べられないものがあるという子どもが増えています。 家庭だけで食事

記事を読む

水疱性類天疱瘡を詳細に:原因,症状,検査,治療など

水疱性類天疱瘡とは 水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいて

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

→もっと見る

PAGE TOP ↑