*

セロリアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 食物アレルギー


日常的な食生活の中で食卓によくあがる食材にセロリがあります。
独特な触感や味などから好き嫌いも分かれることが多い野菜ですが、そのセロリでアレルギー症状を引き起こす人もいます。

ここではセロリアレルギーについて、さまざまな角度から考えていきたいと思います。

セロリアレルギーの原理

セロリアレルギーといっても、セロリそのものにアレルギー症状を起こしているわけではありません。

花粉症のアレルゲン物質と構造のよく似たアレルゲンが口腔内に入ることによって引き起こされる、口腔アレルギー症状と呼ばれています。

ですから花粉症を持っている人が発症する可能性が非常に高いです。

口腔アレルギーを起こす要因になる花粉アレルゲンは白樺などの樹木や、スギ、ヒノキ、イネ科植物やキク科植物などがありますが、セロリはこの中でもスギやヒノキ以外のすべての花粉アレルゲンと交差反応する可能性があります。

そのため、花粉アレルギーがあるときは、セロリは食べても大丈夫なのかどうか事前にチェックしたほうがいいでしょう。

セロリアレルギーの症状

症状としては食べて15分間ほどの短い時間で次のような症状があらわれます。

・くちびるや口腔内、のどの腫れやかゆみ
・胃の不調や吐き気
・鼻づまりや鼻汁
・なみだ目、充血
・喘息様の激しい咳
などが挙げられます。

さらに症状が重くなるとのどや胸の圧迫感や吐き気、嘔吐、下痢、呼吸困難、意識の消失などがあるため注意が必要です。

セロリアレルギーとわかったら

病院などの検査でセロリがアレルギーの原因と判明した場合にはどのようにすればいいのでしょうか。

セロリやセロリの入っている料理は食べないようにする

原因物質を除去することは、食べ物アレルギーでは基本です。
とくにセロリはほかの野菜で代替できるため、自分で食事をつくるときにはセロリは使わないようにしましょう。

生で食べない

セロリスティックやセロリ入りのサラダなどの場合、生で出ることがありますが、アレルギーがある食品はぜったい生では食べないようにしましょう。
食品のたんぱく質は加熱や凍結で壊れやすい性質のものが多いので、十分加熱調理したものなら少量なら食べても大丈夫です。

万が一に備える

食べ物のアレルギーで最もコワイのは、症状が重くなるとアナフィラキシーショックなどを起こし、命にかかわることもあるという点です。
アレルギー症状が起きたらすぐに対応できるように、アドレナリンやエビペンなどの症状を一時的に緩和させる薬を常備しましょう。

また、症状が重いと感じたときには迷わず救急車を呼びます。
その際はセロリアレルギーであることをしっかりと伝えてください。
救急処置や搬送先での参考情報になります。

スポンサーリンク

関連記事

グレープフルーツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

グレープフルーツを食べた際に具合や気分が悪くなった、肌に痒みを感じたなどの異常があった場合、グレ

記事を読む

プルーンアレルギーの特徴

プルーンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

プルーンアレルギーの原因は、プルーンを体内に摂取をすると、アレルギーを発症するものです。 また

記事を読む

ゼラチンアレルギー特徴

ゼラチンアレルギー特徴・症状・対策・仕組みなど

ゼラチンアレルギーについて プリンや寒天など様々な食品に使われているゼラチンですが、そのゼラチ

記事を読む

ビールアレルギーの特徴

ビールアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ビールアレルギーとは 仕事とが終わったあとのビールは格別ですよね? また、えだまめやおつまみ

記事を読む

ブルーベリーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ブルーベリーそのものが原因のアレルギーは比較的少ないのですが、口腔アレルギー症候群には注意が必要

記事を読む

食物アレルギーの治療法:経口免疫療法

経口免疫療法 厄介な食物アレルギーの治療方法の一つとして、経口免疫療法があることをご存じでしょ

記事を読む

ブロッコリーアレルギーの特徴

ブロッコリーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ブロッコリーアレルギーの原因は、ブロッコリーを体内に摂取する事により発症するアレルギーだと思われ

記事を読む

山芋アレルギーの特徴

山芋アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

山芋アレルギーの原因は、山芋を体内に摂取する事により、アレルギーとして発症してしまうものだと考え

記事を読む

ナスアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

近年さまざまな食べ物でアレルギー反応を起こし、好きなものを好きなように食べる楽しみが減りつつあり

記事を読む

粉ミルクアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

手軽につかえる粉ミルクですが、赤ちゃんにアレルギー反応があらわれることがあります。 ミルクアレ

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑