*

穀物アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/10/03 食物アレルギー


突然ですが、普段わたしたちが食べている炭水化物のほとんどは、穀物からできています。
白米の元である稲も、パンの原料である小麦も、穀物なのです。
わたしたちは普段それらを何気なく食べていますが、世の中には穀物アレルギーといって炭水化物のほとんどを食すことのできない人もいます。
ここでは、そんな穀物アレルギーについてお話していきたいと思います。

穀物アレルギーの症状

穀物だけでなく、他にも、食べるとアレルギーを引き起こす食物がたくさんあります。
食物アレルギーの症状として、呼吸器官などに異常を起こし、アナフィラキシーショックと呼ばれる症状に見舞われ、場合によっては命を落とすことがあります。
アナフィラキシーショックの代表例として、一番よく挙げられるのが蕎麦(そば)。
言うまでもないかもしれませんが、蕎麦も穀物のひとつです。

穀物アレルギーのための対処

対処法として、一番手っ取り早いのは穀物を含む炭水化物を摂取しないこと。
とはいっても、エネルギーの元となる炭水化物を摂取せず生活するのは難しいかと思われます。
そのため、炭水化物ではなく別の食物から栄養を得ると良いでしょう。
たとえば、肉や魚は体を構成するために必要不可欠ですし、野菜は体を健康な状態に保ってくれます。
それらをうまく食べ合わせていけば、無理に炭水化物を摂取せずとも健康な体で生活を送ることができます。
穀物アレルギーは、ほかのアレルギーと異なり摂取できないものの範囲がとても広いです。
そのため、誤って穀物を摂取してしまい、アナフィラキシーショックを引き起こし死に至ったというケースも少なくありません。
特に小麦ですと、主食になる炭水化物だけでなく、お菓子やデザートなどにも含まれていることが多いです。
食べられる範囲は狭まってしまいますが、最悪のケースを避けるために事前に自分のアレルギーについて十分に調べておかなくてはなりません。
また、最近では対症療法といって、わざと少しずつアレルゲンを摂取させ、体に耐性をつけさせる治療法も行われるようになっています。

食物アレルギー発症のメカニズム

乳幼児の食物アレルギー発症のメカニズムですが、主に母親の胎内にいるときに、母体を通して感染するケースが多いといわれています。

スポンサーリンク

関連記事

食物アレルギーを診断する上で最も確実な方法 経口負荷試験

近年、食物アレルギーにより、特定の食べ物を口にすると体に異状反応が出てしまう人が子どもを中心に増

記事を読む

山芋アレルギーの特徴

山芋アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

山芋アレルギーの原因は、山芋を体内に摂取する事により、アレルギーとして発症してしまうものだと考え

記事を読む

いかアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

いかアレルギーは、いかを食べることで体がアレルギー反応を起こす場合のことを言います。 いかでの

記事を読む

ナッツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

小さな粒で栄養価が高いことから、ダイエットなどのときの間食や、ちょっとしたおつまみ、そのほか菓子

記事を読む

パイナップルアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

パイナップルを多く食べていると舌がヒリヒリと痛んだという経験を持っている人は多いのではないでしょ

記事を読む

アボガドアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アボガドアレルギーとは、アボガドを食べることで体がアレルギー反応を起こす症状のことを言います。

記事を読む

ほうれん草アレルギーの特徴

ほうれん草アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ほうれん草アレルギーの原因は、ほうれん草を体内に摂取をする事によって引き起こされるアレルギーの一

記事を読む

カニアレルギーの特徴

カニアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

カニアレルギーとは みなさんはカニアレルギーを知っていますか?これはカニを食べたり触れたりした

記事を読む

生クリームアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

甘くておいしい生クリームですが、そんな生クリームでもアレルギー症状を発症してしまう場合があります

記事を読む

さくらんぼアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

食物アレルギーは食べ物の数だけ症例があると言われていますが、さくらんぼもアレルギーを引き起こす可

記事を読む

水疱性類天疱瘡を詳細に:原因,症状,検査,治療など

水疱性類天疱瘡とは 水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいて

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

→もっと見る

PAGE TOP ↑