*

食物アレルギーに耐性化しやすい食品としにくい食品

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 食物アレルギー

食物アレルギーを発症する年齢は、小さな子どもに多いとされています。

実は0歳児が一番多く、年齢を経るごとにアレルギーの原因となる食物は増えていきますが、体質も変わりこれまで
アレルギーを引き起こしてきた食物には反応しづらくなるというのです。

こうした耐性化がみられる食品もあれば、そうでない食品もあるとされています。

耐性化しやすい食品としにくい食品には、どのような違いがあるのでしょうか。

耐性化しやすい食品

年齢と共に耐性化しやすい食品には、卵や牛乳、小麦、大豆があります。

これらの食品には、年齢を経るとともに摂取してもアレルギーが誘発されなくなる耐性化が見られるのです。

耐性化しやすい食品とは、年齢を経るとともにその食品に対する耐性が体の中で整うということでもあります。

たとえば、消化器官や免疫機能が発達するためなど、成長により各種機能が強く丈夫になっていくからでしょう。

耐性化しにくい食品

一方で、耐性化しにくい食品にはピーナッツやナッツ類、甲殻類、魚、ゴマなどがあげられます。

これらの食品は、年利を経てもアレルギーの寛解を得にくいとされているのです。

さらに、蕎麦や果物類といったものが加わると、年長児から成人の発症が多く耐性化しにくいことが分かっています。

現在は食物アレルギーを治療するために、対象となる食物を医師の管理下のもとに少量ずつ摂取する治療が行われています。

しかしながら、この経口免疫療法はすぐに治療を開始できるものではありません。

アレルゲンが確定してから、耐性化しやすい食品としにくい食品で開始が違ってくるのです。

耐性化しやすい卵、牛乳、小麦では12から18か月後に治療を開始することができます。

けれども大豆では1年後、ピーナッツやナッツ、魚では3年後に治療を開始することが多いのです。

これは、食物アレルギーの反応で最も重度とされるアナフィラキシーなどが発症することを予防するためでもあります。

個人差が大きいことですから、専門機関での治療を受けることをおすすめします。

スポンサーリンク

関連記事

イチゴアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

イチゴアレルギーとは、イチゴに対してアレルギー反応をみせることをいいます。 果物アレルギーの一

記事を読む

柑橘類アレルギーの特徴

柑橘類アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 柑橘類アレルギーの原因は、柑橘類などの果実を体内に摂取すると、アレルギーを引

記事を読む

ピザハットアレルギーの特徴

ピザハットアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ピザハットアレルギーの原因は、ピザハットそのものにアレルギーがあるという

記事を読む

麦アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

麦アレルギーの中でも一番多いとされているのが、食材や日常生活の中で多用されている小麦に対するアレ

記事を読む

食物依存性運動誘発アナフィラキシーとは?その対処法とは?

食物でアレルギーの症状を引き起こす人が、近年増えているという報告があります。 アレルギーは

記事を読む

ココアアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ココアアレルギーは別名チョコレートアレルギーとも呼ばれ、ココアやチョコレートの原料であるカカオに

記事を読む

いかアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

いかアレルギーは、いかを食べることで体がアレルギー反応を起こす場合のことを言います。 いかでの

記事を読む

食物アレルギーの主な原因食品は、年齢で変わっていく

食べ物が原因でじんましんが起きたり、腹痛やぜんそくの症状が起きたりする食物アレルギー。 と

記事を読む

穀物アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

突然ですが、普段わたしたちが食べている炭水化物のほとんどは、穀物からできています。 白米の元で

記事を読む

食物アレルギーの治療法:経口免疫療法

経口免疫療法 厄介な食物アレルギーの治療方法の一つとして、経口免疫療法があることをご存じでしょ

記事を読む

水疱性類天疱瘡を詳細に:原因,症状,検査,治療など

水疱性類天疱瘡とは 水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいて

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

→もっと見る

PAGE TOP ↑