*

いかアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/05/26 食物アレルギー


いかアレルギーは、いかを食べることで体がアレルギー反応を起こす場合のことを言います。
いかでのアレルギーの発症例は多く、魚介類を多く食す日本ではアレルギーの原因の上位に入っています。
アレルギーの中でも重症なアナフィラキシーショックを起こしやすいことでも知られ、成分表示に記載することが厚生労働省により義務付けられており、「特定原材料に準ずるもの」の20品目の中に数えられています。

いかアレルギーで起こる症状

いかを食べたあとに口の周りや中が赤くただれて腫れあがったり、強いかゆみを感じたりします。
また、喉や食道の痛み、かゆみなど、いかが胃にとどくまでの間に通ったところにも異常を感じることがあります。
いかが胃の中で消化される過程での腹痛、嘔吐なども起こります。
いかのアレルゲンの主な成分は筋肉に含まれるタンパク質で、トロポミオシンと呼ばれるものです。
トロポミオシンとは別に、仮性アレルゲンであるトリメチルアミンオキサイドも含まれており、これがアレルギーを誘発する恐れもあります。
また、いかにはアニサキスが寄生していることもあるので、いかのアレルゲンとは別にアニサキスにアレルギー反応を起こしている場合も考えられます。

いかアレルギーを予防するには

いかアレルギーだとはっきりわかっている場合には、いかを食すのを避けるのが一番の予防策になります。
また、えび、カニに含まれるアレルゲンといかのアレルゲンは交差抗原性があり、いかに弱い人はえび・カニにも弱いことが多いので注意しましょう。
食物アレルギーは突然発症することも多く、今までは食べても平気だったものに対して激しいアレルギー反応を見せるようになることも珍しくありません。
これは体内に少しずつ蓄積されていったアレルゲンに体が反応するためで、前は大丈夫だったからと油断せず、食べ物で何らかの異常を感じた場合はすぐに食べるのをやめ、医療機関を訪れてアレルギーの検査を受けて下ください。

スポンサーリンク

関連記事

甲殻類アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

甲殻類アレルギーとは、主にエビやカニ・シャコなどを食べたときに起こるアレルギー反応です。 食物

記事を読む

アルコールアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アルコールにもアレルギーがあるのをご存知でしょうか。 アルコールアレルギーとは、アルコールが体

記事を読む

たけのこ アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

春になると食卓に上る回数の増えるたけのこ。 たけのこを食べたり、たけのこ堀りに行ったりするとい

記事を読む

生クリームアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

甘くておいしい生クリームですが、そんな生クリームでもアレルギー症状を発症してしまう場合があります

記事を読む

ココナッツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ココナッツアレルギーとは、ココナッツを食べたり、ココナッツの成分が肌に触れたりすることでアレルギー症

記事を読む

大豆アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ほかのアレルギー原因となる食品と同じように、豆に対するアレルギー反応が起きる場合があります。

記事を読む

ピーナッツアレルギー

ピーナッツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ピーナッツアレルギーは、牛乳、卵と同様の3大アレルゲンの1つとして、海外

記事を読む

さつまいもアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

さつまいもは栄養価も高く、蒸したり茹でたりするだけでも食べられるので、赤ちゃんの離乳食に利用する

記事を読む

柑橘類アレルギーの特徴

柑橘類アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 柑橘類アレルギーの原因は、柑橘類などの果実を体内に摂取すると、アレルギーを引

記事を読む

卵アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

卵アレルギーは鶏卵もしくは鶏卵を原材料とした食品を摂取することで、引き起こされるアレルギー反応の

記事を読む

水疱性類天疱瘡を詳細に:原因,症状,検査,治療など

水疱性類天疱瘡とは 水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいて

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

→もっと見る

PAGE TOP ↑