*

ココナッツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/06/05 食物アレルギー

ココナッツアレルギーとは、ココナッツを食べたり、ココナッツの成分が肌に触れたりすることでアレルギー症状を起こすことをいいます。
ココナッツを原因とするアレルギーの起こる頻度は比較的少なく、同じナッツ類のアーモンドなどと比べると患者数も少ないと言われています。
化粧品の原料としても人気が高く、この場合もアレルギーの発症報告は少ないものの、アレルギーを起こす可能性はゼロではないので注意しましょう。

ココナッツアレルギーの主な症状


食品として摂取した場合は、腹痛や嘔吐、下痢など多くの食物アレルギーで見られる症状を引き起こします。
美容成分としても人気があり、ココナッツオイルを含んだクリームや石鹸、育毛剤なども存在するので、これらを肌に塗ったときに肌が赤くただれたり、かゆみや湿疹などの異常が見られた場合、ココナッツアレルギーの可能性があります。

ココナッツアレルギーの検査は?

アレルギーの症状は、自分では軽いと思っていても、のちのち重い症状に発展することもあります。
アレルギーの検査は病院ですぐにわかるので、ココナッツを食べたり、肌に塗ったりした際に不安を感じたら、まずは病院での検査を受けましょう。
アレルギーの検査は主に採血で調べられ、結果が出るまでは一週間程度かかります。

ココナッツアレルギーを予防するために

自分がココナッツアレルギーであるかどうかは、実際に症状が出ないとわかりにくい場合があります。
しかし、今までに何らかのアレルギーを患ったことがあるなど不安を感じる場合には、病院での相談のうえ発症前に検査を受けてみるのも一つの予防策でしょう。
また、化粧品の場合には必ずパッチテストを行う習慣をつけるなど、自己管理の範囲で症状を小さく抑えることも可能です。
敏感肌と言われる人は特に注意し、少量ずつ、テストをしながら使用することが大切です。
ココナッツは想像以上にさまざまな食品、化粧品に使われていることが多いので、きちんと原材料の確認をすることは必須となります。

スポンサーリンク

関連記事

食物アレルギーの子供の給食への対応はどのようになっているのでしょうか?

食物アレルギーによって、食べられないものがあるという子どもが増えています。 家庭だけで食事

記事を読む

プルーンアレルギーの特徴

プルーンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

プルーンアレルギーの原因は、プルーンを体内に摂取をすると、アレルギーを発症するものです。 また

記事を読む

生児・乳児消化管アレルギーとは?その症状とは?

アレルギーという言葉は、すでに一般的に使用されるようになって久しくなります。 とくに食物ア

記事を読む

椎茸アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

きのこの独特な食感は、人によって好き嫌いが分かれがちです。 特に椎茸は、数あるきのこ類の中でも

記事を読む

山芋アレルギーの特徴

山芋アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

山芋アレルギーの原因は、山芋を体内に摂取する事により、アレルギーとして発症してしまうものだと考え

記事を読む

タンパク質 アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

人体の筋肉を作るための主要な栄養素であり、人の身体にはなくてはならないたんぱく質ですが、このたん

記事を読む

グレープフルーツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

グレープフルーツを食べた際に具合や気分が悪くなった、肌に痒みを感じたなどの異常があった場合、グレ

記事を読む

トロポミオシンアレルギーの特徴

トロポミオシンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

トロポミオシンアレルギーについて トロポミオシンアレルギーという名称について聞いたことがある人

記事を読む

粉ミルクアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

手軽につかえる粉ミルクですが、赤ちゃんにアレルギー反応があらわれることがあります。 ミルクアレ

記事を読む

ごまアレルギー

ごまアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ごまアレルギーは、ごまだけではなく、ごま油も体内に取り入れてしまう事でアレル

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑