*

さくらんぼアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/06/24 食物アレルギー


食物アレルギーは食べ物の数だけ症例があると言われていますが、さくらんぼもアレルギーを引き起こす可能性のある食べ物の一つです。
フルーツのアレルギーはアレルギーの原因として全体の6%ほどあると言われています。
花粉症のアレルゲンと似ているアレルゲンを持つため、花粉症の人は何らかのフルーツアレルギーを引き起こす可能性も高いと言われています。

さくらんぼアレルギーの症状

さくらんぼをはじめ、フルーツのアレルギーでの症状は主に口や口の周り、喉などに見られます。
唇のかゆみ、ただれや赤み、腫れ、口の中がピリピリする、舌のかゆみ、喉の痛みや、フルーツがおいしく感じられない、苦味を感じるなどのケースもあります。
また、目が真っ赤になりかゆみを伴う症状が出る場合もあります。
フルーツアレルギーは全身に蕁麻疹(じんましん)が出るなどの症状は比較的少ないと言われていますが、発作やアナフィラキシーショックなどの重い症状で救急車を呼んだケースもあるので軽視してはいけません。

さくらんぼアレルギーの検査

自分がさくらんぼアレルギーかどうかを知るためには病院で検査をします。
アレルギー科を訪れると、さくらんぼの項目でアレルギーがあるかを検査することができ、最低5項目からの検査となるので、あわせてそのほかのフルーツにアレルギーがあるかをチェックすることができます。
さくらんぼ以外のフルーツにもアレルギーが認められることは比較的多いようです。

さくらんぼアレルギーの予防対策

さくらんぼアレルギーを起こさないためには、さくらんぼを食べない、さくらんぼの成分が使われている製品を手にしないことが一番です。
花粉症の人はフルーツに対してもアレルギー反応を見せることが多いので、花粉症の場合は前もってフルーツアレルギーの検査を受けておくのもおすすめです。
さくらんぼをはじめ、アレルギーの原因となるフルーツはたくさんありますが、さくらんぼで症状が出れば全てのフルーツを受け付けなくなるというものではありません。

スポンサーリンク

関連記事

いかアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

いかアレルギーは、いかを食べることで体がアレルギー反応を起こす場合のことを言います。 いかでの

記事を読む

同じ物を繰り返し摂取することによって食物アレルギーがおこるらしい

アレルギーとは、特定の食物を摂取することで、体に不快な症状があらわれることです。 近年、そ

記事を読む

シナモンアレルギー

シナモンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 シナモンアレルギーの原因は、シナモンを体内に摂取する事により、アレルギー

記事を読む

里芋アレルギーの特徴

里芋アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

里芋アレルギーとは何か? みなさんは里芋アレルギーという言葉を聞いたことがありますか?実は里芋

記事を読む

卵アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

卵アレルギーは鶏卵もしくは鶏卵を原材料とした食品を摂取することで、引き起こされるアレルギー反応の

記事を読む

かぼちゃアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

かぼちゃは素材そのものに甘みがありホクホクとしていて、赤ちゃんの離乳食の材料として使う人も多い食

記事を読む

くるみアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

くるみもアレルギーの原因となるアレルゲンを含んでいる食品です。 くるみによるアレルギーの症例は

記事を読む

栗アレルギーの特徴

栗アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

栗アレルギーの原因は、栗を体内に摂取、または接触する事により、アレルギーを発症してしまうものです

記事を読む

即時型アレルギーと遅延型アレルギー

ある特定の食物を食べて、体に不快な症状を引き起こす食物アレルギーを持つ人が増えています。

記事を読む

生児・乳児消化管アレルギーとは?その症状とは?

アレルギーという言葉は、すでに一般的に使用されるようになって久しくなります。 とくに食物ア

記事を読む

水疱性類天疱瘡を詳細に:原因,症状,検査,治療など

水疱性類天疱瘡とは 水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいて

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

→もっと見る

PAGE TOP ↑