*

かぼちゃアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/06/17 食物アレルギー


かぼちゃは素材そのものに甘みがありホクホクとしていて、赤ちゃんの離乳食の材料として使う人も多い食材です。
赤ちゃんを持つと与える食材に注意を払うようになります。
とくにアレルギーに対する不安が大きいという人が多いようです。
かぼちゃはアレルギーを起こす食品としてはあまり知られていませんが、アレルギーの原因となる食品は人によって様々なので、かぼちゃに対してアレルギーを起こす可能性はゼロではありません。

かぼちゃにもアレルギーはあるの?

かぼちゃはどちらかというと、アレルギー体質の人でも食べられる食品としての認知度が高い食材ですが、かぼちゃを食べてアレルギーを起こす人も存在します。
かぼちゃが含まれる食事を摂ったあと、吐き気や腹痛、蕁麻疹(じんましん)などの症状が出た場合は、そのあとかぼちゃを口にするのを避け、病院でのアレルギー検査を受けるのが良いでしょう。

かぼちゃアレルギーかもと思ったら

まずは病院で、かぼちゃに対するアレルギーがあるかを検査するのを優先しましょう。
赤ちゃんの場合は、口のまわりのポツポツは唾液による肌のかぶれもありますし、普段から様子をみておくことが大切です。
少しでも不安を感じたら、病院での診察を受けることをおすすめします。
かぼちゃを食べたあとにアレルギーの反応が出た場合、かぼちゃのアクに負けているという可能性もあります。
調理の際にアク抜きをしっかり行うことを心がけましょう。
こちらも、不安を感じたら医師に相談するのが良いでしょう。

かぼちゃアレルギーの予防対策

病院の検査にてかぼちゃにアレルギーがあると判明した場合は、かぼちゃを口にしないことが予防のポイントとなります。
もし、検査でかぼちゃに対するアレルギー反応が陽性でなくても、不安を感じるのであれば食べないことです。
かぼちゃの皮に残っている農薬、かぼちゃが持つアクなど、原因はほかのところにあるのかもしれません。
医師に相談の上、農薬やアクを残さない調理法を考えるなどして対策しましょう。

スポンサーリンク

関連記事

食物アレルギーを診断する上で最も確実な方法 経口負荷試験

近年、食物アレルギーにより、特定の食べ物を口にすると体に異状反応が出てしまう人が子どもを中心に増

記事を読む

卵アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

卵アレルギーは鶏卵もしくは鶏卵を原材料とした食品を摂取することで、引き起こされるアレルギー反応の

記事を読む

キウイアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

果物のキウイを食べたり、果汁に触れたりした際に何らかのアレルギー反応を起こせば、キウイアレルギー

記事を読む

母乳アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

母乳は栄養価が高く、赤ちゃんの成長するにあたって大切な役割を果たします。 しかし、母乳によって

記事を読む

粉ミルクアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

手軽につかえる粉ミルクですが、赤ちゃんにアレルギー反応があらわれることがあります。 ミルクアレ

記事を読む

生クリームアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

甘くておいしい生クリームですが、そんな生クリームでもアレルギー症状を発症してしまう場合があります

記事を読む

食物アレルギーに耐性化しやすい食品としにくい食品

食物アレルギーを発症する年齢は、小さな子どもに多いとされています。 実は0歳児が一番多く、年齢

記事を読む

肉アレルギーの特徴

肉アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

肉アレルギーって一体何? みなさんは卵や乳製品でアレルギーが起ることはご存知でしょうか。 肉

記事を読む

ナスアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

近年さまざまな食べ物でアレルギー反応を起こし、好きなものを好きなように食べる楽しみが減りつつあり

記事を読む

くるみアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

くるみもアレルギーの原因となるアレルゲンを含んでいる食品です。 くるみによるアレルギーの症例は

記事を読む

水疱性類天疱瘡を詳細に:原因,症状,検査,治療など

水疱性類天疱瘡とは 水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいて

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

→もっと見る

PAGE TOP ↑