*

ローヤルゼリーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/01/23 食物アレルギー , , , ,

ローヤルゼリーアレルギー

ローヤルゼリーアレルギーについて

みなさんはローヤルゼリーについて知っていますか?
実はローヤルゼリーアレルギーというものがあるのです。
今回の記事はローヤルゼリーのアレルギーについてご紹介します。

ローヤルゼリーって何?

そもそもローヤルゼリーとは何でしょうか?
まずはローヤルゼリーについてご紹介します。
ローヤルゼリーとは嬢王蜂のための栄養であり、働き蜂には与えられません。
働きバチにはワーカーゼリーが与えられます。
つまり、嬢王蜂のタメに特別な栄養が入っているので、栄養価が高く、人間が食べても非常に体にいいのです。
日本に置いては生ローヤルゼリーと乾燥ローヤルゼリーと調整ローヤルゼリーの3つに大きく分けて分かれます。

次にローヤルゼリーの成分について見て行きましょう。
ローヤルゼリーの成分ですが、ビタミンBやアミノ酸やミネラルなどがふくまれています。

どんな人がローヤルゼリーアレルギーになりやすいの?

ではどんな人がローヤルゼリーアレルギーになりやすいのでしょうか?
まずは、アトピー性皮膚炎を持っている人や、喘息を持っている人のような、体質がアレルギー性の人はローヤルゼリーアレルギーが出やすいと言われています。

ローヤルゼリーアレルギーの症状

ローヤルゼリーアレルギーの症状ですが、鼻水が止まらなくなったり、鼻炎のような症状が出ることがあるようです。
また、蕁麻疹や発疹がでることもあります。
ひどい場合は呼吸困難などが起こり、救急車で運ばれることもあるようです。

ローヤルゼリーアレルギーになった場合の対処方法

では、ローヤルゼリーアレルギーの可能性が出た場合にはどのようにすればいいのでしょうか?
まずは病院に行って下さい。
また、ローヤルゼリーを摂取することをやめたほうがいいでしょう。
病院は内科か皮膚科、またはできればアレルギー専門医に行くようにしたらいいかもしれませんね。
検査方法は血液検査がメジャーなようです。

スポンサーリンク

関連記事

ミルクアレルギーの特徴

ミルクアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ミルクを体内に摂取する事で、アレルギー反応(体内での拒絶)が起きるのが一

記事を読む

マンゴーアレルギーの特徴

マンゴーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

マンゴーアレルギーの原因は、マンゴーを体内に摂取する事により、アレルギー反応を引き起こすものであ

記事を読む

パイナップルアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

パイナップルを多く食べていると舌がヒリヒリと痛んだという経験を持っている人は多いのではないでしょ

記事を読む

椎茸アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

きのこの独特な食感は、人によって好き嫌いが分かれがちです。 特に椎茸は、数あるきのこ類の中でも

記事を読む

かぼちゃアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

かぼちゃは素材そのものに甘みがありホクホクとしていて、赤ちゃんの離乳食の材料として使う人も多い食

記事を読む

わさびアレルギーの特徴

わさびアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

わさびアレルギーについて 実はみなさんわさびアレルギーというアレルギーがあることを知っています

記事を読む

甲殻類アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

甲殻類アレルギーとは、主にエビやカニ・シャコなどを食べたときに起こるアレルギー反応です。 食物

記事を読む

食物アレルギーの経口免疫寛容とは何でしょう?

特定の食物によって、じんましんが出たりぜんそく発作に苦しむ、食物アレルギーという症状があります。

記事を読む

ねぎアレルギの特徴・症状・対策・仕組みなど

ねぎやたまねぎは昔から身体に良い食べ物として重宝され、多くの料理などに用いられてきました。

記事を読む

ハチミツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ハチミツをなめたり、飲み物に入れて食したときに喉の痛みを感じたり、腹痛や下痢を起こす人がいます。

記事を読む

水疱性類天疱瘡を詳細に:原因,症状,検査,治療など

水疱性類天疱瘡とは 水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいて

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

→もっと見る

PAGE TOP ↑