*

しいたけアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/02/19 食物アレルギー , , , ,

しいたけアレルギーの特徴

しいたけアレルギーについて

みなさんはしいたけアレルギーについて知っていますか?
今回はしいたけアレルギーについてのご紹介です。
実はしいたけアレルギーは夏に発症しやすい病気なのです。
バーベキューなどでしいたけを食べてアレルギーが出るという人もいるようです。
自然のしいたけは大変美味でさしみにして、醤油を付けて食べるだけでも大変美味です。
また、お味噌汁に入れてもその味と風味は格別です。
本当においしいしいたけを食べるとこんなに美味しかったのかと驚く人も多いのです。
日本料理にはかかせないしいたけですが、実はそのしいたけを食べてアレルギーになる人も多いのです。

しいたけアレルギーの症状

ではしいたけアレルギーの症状はどの様なものでしょうか?
貧血、蕁麻疹、からだのあちこちに発疹や痒みがでます。
また、赤く腫れ上がることもあるようです。
また、アトピー皮膚炎の人はしいたけアレルギーになるケースがあるようです。
食べると唇が腫れてしまう人もいるようです。
しいたけを食べて数時間後に下痢になったというケースもあるようです。
しいたけアレルギーかも知れない人はできるだけしいたけを食べないほうがいいでしょう。
また、しいたけを使用している茶碗蒸しや日本料理も避けるようにしましょう。

受診する科目は?

では、受診する科目はどこになるのでしょうか?
受診する科目は皮膚科やアレルギー専門医のいる内科です。
しいたけアレルギーが出るとアレルギーの薬をもらったり、点滴を受けたりするようです。
医師の指導の元に薬を飲むようにしましょう。

どうしてしいたけを食べるとアレルギー症状が出るの?

では、なぜ、しいたけを食べるとアレルギーの症状が出るのでしょうか?
しいたけに含まれるレンチナンやチロシンが原因であるといわれていますが、現在もその原因ははっきりしていません。
注意すべき点はしいたけアレルギーの人はしいたけを使った料理を食べるとその症状が出ることがありますので、注意が必要です。

スポンサーリンク

関連記事

香辛料アレルギーの特徴

香辛料アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

香辛料アレルギーの原因は、アレルギーの要因となる特定の香辛料(または、複数の香辛料)を体内に摂取

記事を読む

プルーンアレルギーの特徴

プルーンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

プルーンアレルギーの原因は、プルーンを体内に摂取をすると、アレルギーを発症するものです。 また

記事を読む

椎茸アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

きのこの独特な食感は、人によって好き嫌いが分かれがちです。 特に椎茸は、数あるきのこ類の中でも

記事を読む

米アレルギー

米アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

米で起るアレルギーについて 日本人でお米を食べたことがない人はほぼいないのではないでしょうか?

記事を読む

イースト菌アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

イースト菌アレルギーとは、カビが原因で起こるアレルギーのことです。 イースト菌というとまずパン

記事を読む

唐辛子アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

食物を摂取することでなんらかの不調が起きることは実は多く、唐辛子を食べることで体に症状があらわれ

記事を読む

ねぎアレルギの特徴・症状・対策・仕組みなど

ねぎやたまねぎは昔から身体に良い食べ物として重宝され、多くの料理などに用いられてきました。

記事を読む

山芋アレルギーの特徴

山芋アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

山芋アレルギーの原因は、山芋を体内に摂取する事により、アレルギーとして発症してしまうものだと考え

記事を読む

卵アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

卵アレルギーは鶏卵もしくは鶏卵を原材料とした食品を摂取することで、引き起こされるアレルギー反応の

記事を読む

鶏肉アレルギーの特徴

鶏肉アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 鶏肉アレルギーの原因は、鶏肉を体内に摂取、 または鶏肉に接触するなどを

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑