*

シナモンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/02/24 食物アレルギー , , , ,

シナモンアレルギーの特徴

アレルギーの原因

シナモンアレルギーの原因は、シナモンを体内に摂取する事により、アレルギーが発症するものです。
また、発症の出具合は、人によって軽度、重度などもあります。
その他、身体の免疫力が低下していると、シナモンアレルギーが発症しやすくなる場合も考えられます。

症状

シナモンアレルギーの症状は、全身、または身体の一部に痒みや赤み、発疹、かぶれ、じんましんなどの皮膚的症状、
くしゃみ、鼻水、鼻づまり、全身、または身体の一部にしびれ感、吐き気などの身体的症状などがあげられます。
その他、ぜん息的症状、呼吸困難的症状などもあり、酷い場合はアナフィラキシーショックを引き起こす場合もあります。

特徴

シナモンアレルギーの特徴としては、人によって様々です。
体内に摂取する事でシナモンアレルギーを発症する事もあれば、
シナモンの香りを嗅いだだけでアレルギー症状を発症する事もあります。
シナモンアレルギーは、スパイスの種類の中では、比較的発症しやすいといえるかもしれません。

治療

シナモンアレルギーの治療としては、皮膚的症状を発症した場合は皮膚科に、
身体的症状や呼吸困難的症状を発症した場合は内科、または消化器科に受診をするのが必要です。
また、アナフィラキシーショックを引き起こした場合は、ただちに病院に受診が必要です。
その他、アレルギー検査をしてシナモンアレルギーがアレルゲンだとわかれば、
ただちにシナモンの摂取を止めるようにしましょう。

注意点

シナモンアレルギーを注意する点としては、日常生活においてシナモンに関わる環境を作らない事が予防に繋がると思われます。
また、アロマ関係でもシナモンがある場合があるので、とにかくシナモンを避ける事が大切です。
しかし、街中などでシナモンに遭遇する事も考えられます。
そうした事態も想定し、マスクを常備するのも予防手段の一つとしておくのも大事だといえるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

キウイアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

果物のキウイを食べたり、果汁に触れたりした際に何らかのアレルギー反応を起こせば、キウイアレルギー

記事を読む

卵アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

卵アレルギーは鶏卵もしくは鶏卵を原材料とした食品を摂取することで、引き起こされるアレルギー反応の

記事を読む

カニアレルギーの特徴

カニアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

カニアレルギーとは みなさんはカニアレルギーを知っていますか?これはカニを食べたり触れたりした

記事を読む

ほうれん草アレルギーの特徴

ほうれん草アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ほうれん草アレルギーの原因は、ほうれん草を体内に摂取をする事によって引き起こされるアレルギーの一

記事を読む

ラテックス-フルーツ症候群の原因、症状、改善、治療などについて

天然ゴムを使用している製品に触れたり、フルーツや野菜、ナッツ類といった植物性の食物を食べると、ア

記事を読む

柑橘類アレルギーの特徴

柑橘類アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 柑橘類アレルギーの原因は、柑橘類などの果実を体内に摂取すると、アレルギーを引

記事を読む

ブルーベリーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ブルーベリーそのものが原因のアレルギーは比較的少ないのですが、口腔アレルギー症候群には注意が必要

記事を読む

ピーマンアレルギー

ピーマンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ピーマンアレルギーの原因は、ピーマンを体内に摂取をすると、ピーマンアレル

記事を読む

食物アレルギーの子供の給食への対応はどのようになっているのでしょうか?

食物アレルギーによって、食べられないものがあるという子どもが増えています。 家庭だけで食事

記事を読む

レモンアレルギー

レモンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 レモンアレルギーの原因は、レモンを体内に摂取、または接触、抵触をする事に

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑