*

鶏肉アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/02/24 食物アレルギー , , , ,

鶏肉アレルギーの特徴

アレルギーの原因

鶏肉アレルギーの原因は、鶏肉を体内に摂取、
または鶏肉に接触するなどをした時に、身体がアレルギー反応を起こす(拒絶)をしていると考えられます。
また、ただ鶏肉を摂取するのではなく、鶏肉の調理法によって、アレルギー反応が出る人と出ない人がいる事もあります。

症状

鶏肉アレルギーの症状は、人によって様々です。
全身、または身体の一部に赤み、痒み、発疹、湿疹、かぶれなどの皮膚的症状や、
胃、食道など違和感、不快感、吐き気、嘔吐など様々です。
症状が悪化していくと、アナフィラキシーショックを引き起こす場合もあります。

特徴

鶏肉アレルギーの特徴としては、上記にもあるように鶏肉を体内に摂取、
または鶏肉に接触をすると、鶏肉アレルギーが発症するのが多いように見受けられます。
また、鶏肉の調理法によって(例えば火を通す、加工など)アレルギー反応が出ないケースもあったりします。
その他、鶏肉に付随するように、卵アレルギー、またはコラーゲンアレルギーなどを発症する場合もあったりします。

治療

鶏肉アレルギーの治療としては、皮膚的症状を発症した場合は皮膚科に、
胃、食道、嘔吐などの場合は消化器科、または内科に受診をするようにしましょう。
その他、呼吸困難的症状などが発症した場合も同じです。
そして、鶏肉がアレルゲンかどうかを、アレルギー検査をしてもらう事も大切でしょう。

注意点

鶏肉アレルギーの注意点としては、鶏肉を避ける事だと言えれば簡単かもしれませんが、
今の時代は鶏肉をベースとした料理が非常に多いので、難しいように見受けられるでしょう。
出来る事なら鶏肉を避けられればいいのでしょうが、鶏肉を避ける事によって
”鶏肉が食べられない”
もしくは、
”(鶏肉をベースとした)料理が食べられない”
・・・という事がストレスとなってしまう事も考えられます。
鶏肉アレルギーの症状の程度にもよりますが、重度な症状でないようであれば、無理に避ける事もないかと思われます。
しかし、こうした場合は、より慎重に対応をする事が、非常に重要となるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

山芋アレルギーの特徴

山芋アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

山芋アレルギーの原因は、山芋を体内に摂取する事により、アレルギーとして発症してしまうものだと考え

記事を読む

長芋アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

食べると精力アップに繋がるなどすると言われている長いもですが、長芋もアレルギー症状を引き起こす場

記事を読む

鮭アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

食物アレルギーにはさまざまなものがありますが、魚に対するアレルギー反応もそのひとつに含まれます。

記事を読む

グレープフルーツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

グレープフルーツを食べた際に具合や気分が悪くなった、肌に痒みを感じたなどの異常があった場合、グレ

記事を読む

ショートニングアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ショートニングとは、主に植物の油を原料とした油脂の一種で、マーガリンをはじめとする多くの商品に用

記事を読む

シナモンアレルギー

シナモンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 シナモンアレルギーの原因は、シナモンを体内に摂取する事により、アレルギー

記事を読む

食物依存性運動誘発アナフィラキシーとは?その対処法とは?

食物でアレルギーの症状を引き起こす人が、近年増えているという報告があります。 アレルギーは

記事を読む

香辛料アレルギーの特徴

香辛料アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

香辛料アレルギーの原因は、アレルギーの要因となる特定の香辛料(または、複数の香辛料)を体内に摂取

記事を読む

セロリアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

日常的な食生活の中で食卓によくあがる食材にセロリがあります。 独特な触感や味などから好き嫌いも

記事を読む

キウイアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

果物のキウイを食べたり、果汁に触れたりした際に何らかのアレルギー反応を起こせば、キウイアレルギー

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑