*

抗生物質アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/02/24 薬物アレルギー , , , ,

抗生物質アレルギーの特徴

アレルギーの原因

抗生物質のアレルギーの原因は、抗生物質を体内への服用によって、発症してしまうアレルギーの事をいいます。
抗生物質の種類も多種多様なので、抗生物質アレルギーの服用後の反応も、人それぞれにあります。

症状

上記にもあるように、抗生物質アレルギーの症状は、人それぞれなので、症状も非常に様々です。
全身、または身体の一部に痒み、かぶれ、発疹などの皮膚的症状、喘息的症状、呼吸困難的症状などが一般的のようです。
酷い場合は、アナフィラキシーショックを引き起こし、ショック症状から死に至るケースもあります。

特徴

抗生物質自体が多種多様なので、症状の出方も人それぞれですが、やはり皮膚的症状、喘息的症状、呼吸困難的症状が多いのが特徴的のようです。
稀なのでしょうか、筆者自身も抗生物質アレルギーからか、ある特定の抗生物質を服用すると、嗅覚と味覚に違和感を感じる症状が起こる事もあります。
しかし、同じ系列の抗生物質でも抗生物質アレルギーが発症する場合と、発症しない場合があるのも特徴の1つとしてあるようです。

治療

他のアレルギーであればアレルギー検査をお勧めしたいところですが、極微量の抗生物質でも強いアレルギー反応を起こす場合があるので、
一概にアレルギー検査をお勧めは出来ない事もあったりします。こればかりは、本当に厄介かもしれません。
なので、ご自身に反応する抗生物質のアレルゲンがどこにあるかは、慎重に専門医と相談をしながら治療をしていくのが一番かと思われます。

注意点

ここ近年は、抗生物質などの薬物によるアレルギーが問題視されているのもあり、
薬局で薬を調剤してもらうと、必ず『お薬手帳』を発行される薬局が多くなってきました。
昔と比べ、この現代は病気の数が多い分、抗生物質も多くなってきたからか、それだけアレルギーも多くなったように見受けられます。
ですので、ご自身の身体、そして生命を守る為には、ご自身でどの抗生物質が合う、合わないかを、しっかりと把握をしましょう。
また、病院で診察を受ける際には、必ず医師、または看護師に抗生物質アレルギーだという事をしっかり伝え、
それをすぐに見せられるよう、お薬手帳にも詳細を記入する事が大事だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

目薬アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

日本ではなんらかのアレルギーを抱える人が増加傾向にあり、国民の3割がなにかのアレルギーをもってい

記事を読む

柔軟剤アレルギーの特徴・症状

柔軟剤アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

意外に知られていない柔軟剤アレルギーについて みなさんは衣服を洗う際などに柔軟剤を使用する人は

記事を読む

ニコチンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ニコチン中毒という名前なら、多くの人が耳にする言葉だと思いますが、ニコチンアレルギーという名前は

記事を読む

シャンプーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

入浴する際、当然のように用いられるシャンプー。 このシャンプーでアレルギー症状が起こるとしたら

記事を読む

白髪染めアレルギーの特徴

白髪染めアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

白髪染めアレルギーとは? みなさんは白髪染めアレルギーというものを聞いたことがありますか?白髪

記事を読む

ピリンアレルギーの特徴

ピリンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ピリンアレルギーについて みなさんはピリンアレルギーについてご存じですか? そもそもピリンア

記事を読む

乳化剤アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

食品の医品質表示を見ていると、時折乳化剤という言葉を目にします。 乳化剤という名前から牛乳アレ

記事を読む

シアバターアレルギー

シアバターアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

シアバターアレルギーについて みなさんはシアバターについて知っていますか? シアバターとは今

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑