*

アレルギー性喘息:吸入ステロイド薬の使い方のポイント、副作用

公開日: : アレルギー性喘息, ステロイド


ステロイド薬という名前を聞いたことがるという方は多いのではないでしょうか。よく聞くのはアトピー性皮膚炎の治療薬として用いられるものだと思います。

喘息治療で使われるのが吸入ステロイド薬です。
ステロイド薬の主成分は、人間の副腎から分泌されるグルココルチコイドというホルモンを人工的に化学合成した物質です。

吸入ステロイド薬の効果は、定期的に使用を続けることによって炎症を抑えるということです。
これによって発作を起こりにくくし、喘息の長期管理薬として一役かっているのです。

特徴としては、気管支拡張剤のように急激に気管支を広げるということがないことです。
また、吸入ステロイド薬はスプレータイプのものになるので、アレルギー性の炎症を起こしている気管支に直接届く効果があります。

喘息に深く関わっているものに、好酸球という白血球の一種がありますが、喘息患者は好酸球が増大していることが明らかになっています。
好酸球は免疫を担っているのですが、これがはたらきすぎて悪さをすることで、気道のなかにある上皮を破壊してしまうのです。

吸入ステロイド薬は、好酸球をめぐるはたらきを阻害して、気管の炎症が起きにくくするはたらきを持っています。

リリーバーとコントローラー

喘息の発作が起こっているときに用い、発作を緩和するのが「リリーバー」と呼ばれる吸入薬です。
リリーバーの代表的なものは、「吸入β2刺激薬」といって、気管支拡張作用で発作を鎮めるものです。
発作が魔法のようにおさまるのですが、それゆえに吸入β2刺激薬に対して依存してしまう患者もいます。

なお、この薬はあくまでも「リリーバー」であり、喘息をコントロールすることはできません。
したがって、受診が不規則になったり、自分の病状を客観的に判断することができず、「もう大丈夫」と考えると危険です。

吸入β2刺激薬の効果には限界があり、命に関わるような大発作には効きません。
使いすぎると気管の過敏性を高めることがあるだけでなく、本来治すべきである気管の炎症対する作用は弱いのです。
また、乱用しているとステロイド薬が効きにくくなるという報告もあります。

一方、吸入ステロイド薬は「コントローラー」といい、発作がない状態でも日常的に吸引することで、喘息をコントロールする薬です。
したがって、発作がなくても、吸入ステロイドは使います。
飲み薬や注射は短期間に用いますが、吸入ステロイド薬は長期間にわたって使用することで効果が出ます。

吸入ステロイド薬の副作用

吸入ステロイド薬は、内服ステロイド薬や注射と違って、全身性の副作用の心配はありません。
成人で1000μg/日、子供でも400μg/日までは骨粗鬆症の心配もなく、安全に使用できます。

また、ムーンフェイスや糖尿病も、吸入ステロイド薬では副作用としては引き起こされません。
局所的な副作用としては、のどの違和感や痛み、声のかすれなどの症状が出る他に、のどや口の中にカンジダというカビが増えてしまうという現象が起きます。
吸入ステロイドを吸入するときにラージスペーサーという補助的な器具をつかったり、吸入したあとでうがいをする習慣をつけておくと防げます。

ただし、吸入ステロイドは、あくまでも「コントローラー」ですので、即効性はなく、効果が感じられるのまでは早くても数日を要します。
また、主治医の指示を守り、毎日規則正く使うのが何よりも大切で、使ったり使わなかったりすると「リバウンド」といって、逆効果になってしまいます。

また、ひたすら強くすれば効果があるわけでもなく、長いあいだ重症の喘息であったために気道がむくんで元に戻らないような人の場合は、明らかな効果が薄いとみられています。
それでは、吸入ステロイドはいつまで続ければ良いのでしょうか。

喘息による気管の過敏性は、最初の3ヶ月に大きく改善し、その後も1年ぐらいかけてゆっくり改善していくことがわかっています。
その後、ステロイド治療を中断すると、25~70%程度の人で気管の反応が悪化したという海外の研究結果があります。
喘息は「寛解(かんかい)」と言って、症状が非常によくなった状態を目指しますが、完治することは難しい病気です。

吸入ステロイド薬による治療では、寛解と完治のあいだぐらいの状態を目指してますが、それでも完全にステロイドをやめることは難しいと考えておくべきでしょう。
経過がよい人の場合では、寝る前に最低量のステロイドを吸入し、2ヶ月に1回ぐらいの割合で通院すれば、普通の人と同じような生活を送ることができます。

スポーツや海外旅行、妊娠出産も可能です。
ただし、何年も発作が起きていなくても、急に吸入をやめると、半年ぐらいで再発してしまいますので、油断することができません。

スポンサーリンク

関連記事

喘息への影響多大か?ストレスとの関係は?

喘息の原因は多々考えられており、ストレスもその一つとされています。 とくに成人してから急に

記事を読む

ステロイド恐怖症

ステロイドバッシング 1992年のニュース番組で、キャスターが「ステロイドは最後の最後まで使っ

記事を読む

抗アレルギー薬について

アレルギー性喘息:抗アレルギー薬の使い方のポイント、副作用

抗アレルギー薬は予防薬として、他の薬と組み合わせたりして使用されることが多い薬です。 つま

記事を読む

酒・タバコについて

アレルギー性喘息への酒・タバコの影響とは?

タバコはもちろんのこと、お酒も喘息にとってはよくない影響を与えます。 まずタバコについてで

記事を読む

喘息をお持ちの妊婦さんは悪化に注意!

妊娠されている方は、ご自分だけでなくもう一つの大切な命を抱える重大な役割を担っています。

記事を読む

アレルギーの人に多い咳喘息に注意!

毎日当たり前のように咳が出たり、風邪は治ったはずなのに、咳だけが止まらなかったりという状態に困っ

記事を読む

小児喘息の短期治療の可能性は?

小児喘息のお子さんを抱えている方は、喘息を患っている子どものことを十分に理解し、ご自身が喘息であ

記事を読む

気管支拡張薬について

アレルギー性喘息:気管支拡張薬の使い方のポイント、副作用

気管支拡張剤とは、気管支平滑筋の収縮を緩めて気道を広げ、呼吸を楽にするのが目的の薬です。

記事を読む

ステロイド注射:使うケース、特徴、副作用

花粉症の場合 基本的に、「注射一本で花粉症が治る」ということはありません。 日本耳鼻科学会と

記事を読む

ステロイドとは?

ステロイドは体内にあるホルモン ステロイドは、本来は私たちの体の中の、「副腎」(ふくじん)とい

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑