*

喘息をお持ちの妊婦さんは悪化に注意!

公開日: : 最終更新日:2015/11/07 アレルギー性喘息


妊娠されている方は、ご自分だけでなくもう一つの大切な命を抱える重大な役割を担っています。

これは通常の健康状態とは異なるともいえ、病気や症状に対しても通常とは違った対処を必要とすることもあり、妊婦さんの喘息の場合も気をつける必要があります。

妊婦さんの喘息は通常よりも辛い?

喘息持ちの中でも妊婦さんの場合は悪化しやすく、また妊娠中にこれまでは何ともなかった方が発症するケースも多々確認されています。

急に咳が出て呼吸がきつくなったと感じる場合は、呼吸困難となり症状がひどくなる前に喘息の可能性を疑いましょう。

すでに喘息をお持ちの妊婦さんは悪化に注意です。

喘息の研究データによると、妊婦さんの約3割の方が妊娠以降に症状を悪化させたと感じており、数値としては決して低くはありません。

原因としては妊娠により増加する女性ホルモンの一種、エストロゲンが関わっており、これが気道を狭めるはたらきをしてしまい、喘息の呼吸のつらさを助長してしまいます。

妊婦さんの喘息治療はどうすれば良い?

妊娠中はさまざまな治療薬の使用が懸念されます。

ご自身の体だけでなく、胎児にも悪影響を及ぼす恐れがあるためです。

そのため喘息を抱える方の場合でも、自己判断で治療薬の使用を中断してしまい、つらい症状を我慢してしまう人もおり、妊娠により悪化させてしまう原因の一つともなりかねません。

安心しておきたいのは、喘息に使用する治療薬の多くは胎児に悪影響を与える心配がないということです。

薬を処方している病院の先生に妊娠の旨を伝え、使用中の薬が問題ないとの言葉をいただけたならば、安心して喘息治療を継続しましょう。

なお、さまざまな治療薬の中でも吸引タイプが呼吸器官に成分がとどまるため、人体に与えるリスクは低いとされています。

喘息を理由に妊婦さんが神経質になる必要はありません。

通常通り適切な治療を続けることができますので、あまり胎児の安全を意識するあまり神経過敏となりストレスを抱えないよう、気を楽にして喘息と付き合いましょう。

スポンサーリンク

関連記事

アレルギー性喘息:吸入ステロイド薬の使い方のポイント、副作用

ステロイド薬という名前を聞いたことがるという方は多いのではないでしょうか。よく聞くのはアトピー性

記事を読む

喘息の薬に、コントローラーとリリーバーとが有る理由は?

喘息は呼吸困難を招き、命を落としてしまう危険すらある決して侮れない病気です。 現代では効果

記事を読む

アレルギー性喘息に影響するアトピー素因とは?

喘息は遺伝性があり、アレルギー性喘息は遺伝による影響が大きいといわれています。 アレルギー

記事を読む

アレルギーの人に多い咳喘息に注意!

毎日当たり前のように咳が出たり、風邪は治ったはずなのに、咳だけが止まらなかったりという状態に困っ

記事を読む

小児喘息の短期治療の可能性は?

小児喘息のお子さんを抱えている方は、喘息を患っている子どものことを十分に理解し、ご自身が喘息であ

記事を読む

喘息に効くツボマッサージで症状改善!

体のさまざまなところに張り巡らされている神経を刺激することは、適切なツボを押すことで疲れを取り除

記事を読む

運動誘発喘息の防止対策について

運動誘発喘息の防止対策について

運動などで体を激しく動かせば息が切れ、ゼーゼーと呼吸が荒くなってしまうのは正常な状態ですが、喘息

記事を読む

成人喘息は完治する事はあるのか?

喘息は子どものかかる病気のイメージが強く、また子どもの頃に患ってしまい、大人になっても困ってしま

記事を読む

アレルギー性喘息とCOPDの違い

アレルゲンへの過剰反応がきっかけとなって引き起こされる症状の一つがアレルギー性喘息で、深刻な場合

記事を読む

酒・タバコについて

アレルギー性喘息への酒・タバコの影響とは?

タバコはもちろんのこと、お酒も喘息にとってはよくない影響を与えます。 まずタバコについてで

記事を読む

水疱性類天疱瘡を詳細に:原因,症状,検査,治療など

水疱性類天疱瘡とは 水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいて

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

→もっと見る

PAGE TOP ↑