*

アレルギー性喘息:気管支拡張薬の使い方のポイント、副作用

公開日: : 最終更新日:2015/10/22 アレルギー性喘息 , , , ,

気管支拡張薬について
気管支拡張剤とは、気管支平滑筋の収縮を緩めて気道を広げ、呼吸を楽にするのが目的の薬です。

発作を起こしていない時の予防薬として使用され、長時間作用型β2刺激薬、テオフィリン徐放薬、抗コリン薬の3種類の薬が主に使われています。

まずはそれぞれの薬の効果から見ていきましょう。

長時間作用型β2刺激薬には、経口、吸入、貼付薬の3種類があります。

主に吸入ステロイド薬とあわせて使用され、高い効果を得ることが出来ます。

ゆっくりと気管支を広げていくという特徴があります。

テオフィリン徐放薬は、気道を広げて炎症を抑える効果があります。

薬の持続効果が長いので、夜間の発作予防に向いています。

抗コリン薬は、気管支を収縮させるアセチルコリンという化学物質をブロックすることによって、気管支を広げます。

他の気管支拡張剤で効果が見られなかった場合に使用されることもあります。

次に、それぞれの薬の副作用を見ていきましょう。

長時間作用型β2刺激薬は、経口薬の場合は特に全身性の副作用が出る場合が多く、発疹やふるえ、吐き気や動悸、頻脈、頭痛、倦怠感などがあります。

貼付薬を使用した場合には、かぶれなどの症状が出る場合もあります。

テオフィリン徐放薬は血中のテオフィリンの濃度が上がる場合があり、テオフィリンの濃度が上がりすぎるとまれに中毒症状が起きる場合があります。

症状としては吐き気や嘔吐、不整脈などがあります。

抗コリン薬は、頭痛やふるえ、吐き気、口のかわき、発疹などの症状が出る場合があります。

また、緑内障や前立腺肥大症の人は使用することが出来ません。

スポンサーリンク

関連記事

抗アレルギー薬について

アレルギー性喘息:抗アレルギー薬の使い方のポイント、副作用

抗アレルギー薬は予防薬として、他の薬と組み合わせたりして使用されることが多い薬です。 つま

記事を読む

腹式呼吸で喘息のつらさを和らげる

喘息を患っていると、通常よりも呼吸が困難になります。 症状が悪化して呼吸がつらくなるほどの

記事を読む

アスピリン喘息の防止対策について

アスピリン喘息の防止対策について

アスピリンだけでなく、様々な非ステロイド剤により誘発されて起こるのが、アスピリン喘息と呼ばれるも

記事を読む

運動誘発喘息の防止対策について

運動誘発喘息の防止対策について

運動などで体を激しく動かせば息が切れ、ゼーゼーと呼吸が荒くなってしまうのは正常な状態ですが、喘息

記事を読む

アレルギー性喘息とCOPDの違い

アレルゲンへの過剰反応がきっかけとなって引き起こされる症状の一つがアレルギー性喘息で、深刻な場合

記事を読む

成人喘息は完治する事はあるのか?

喘息は子どものかかる病気のイメージが強く、また子どもの頃に患ってしまい、大人になっても困ってしま

記事を読む

アレルギー性喘息に影響するアトピー素因とは?

喘息は遺伝性があり、アレルギー性喘息は遺伝による影響が大きいといわれています。 アレルギー

記事を読む

小児喘息の短期治療の可能性は?

小児喘息のお子さんを抱えている方は、喘息を患っている子どものことを十分に理解し、ご自身が喘息であ

記事を読む

経口ステロイド薬について

アレルギー性喘息:経口ステロイド薬の使い方のポイント、副作用

経口ステロイド薬は、喘息の治療薬として最も効果のある抗炎症薬であるといわれています。 経口

記事を読む

アレルギー性喘息:吸入ステロイド薬の使い方のポイント、副作用

ステロイド薬という名前を聞いたことがるという方は多いのではないでしょうか。よく聞くのはアトピー性

記事を読む

水疱性類天疱瘡を詳細に:原因,症状,検査,治療など

水疱性類天疱瘡とは 水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいて

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

→もっと見る

PAGE TOP ↑